お金・マネー

成功するかどうか?⇒ただの確率論です。

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに セミナープロデュースをしている小山です。

image

 

「成功する人と成功しない人の違いは何か?」ということが、よく議論されます。

この事について私は、成功というのはサイコロと同じで「確率論」です。

という話をよくします。

 

例えば起業して上手くいきたい!って人は多いです。

そして、成功した人に話しを聞いてみると、スキルアップしたからや、営業力を上げたから、

マーケティングを学んだから!など、様々な「理由付け」はできるのですが、

結局は要因がありすぎてどれが正しいかというのは無いのです。

 

結論から言えば、成功というのは「やる」だけなんです。

それでも上手くいかない場合は、原因があるか、

たまたま確率が偏ってると思ってください。

 

同じようにビジネスをはじめても、「たまたま」上手くいったケースだって多いですよ。

成功者ってのは後付けで理由をつけた「ブランド名」なんです。

だから、本当の彼らに共通していることは「やった」だけなんです。

 

 

もちろん、自分のスキルアップや、マーケティングも大切ですが

それ以上に大切なのは、とにかく「やってみる」

 

そして、成功は確率論なので上手くいかなくても落ち込まない。

というか、失敗しても深く考えない。ことが大切です。

 

この深く考えないというのは、改善しない。ということではなくて

失敗しても「割り切る」ことという意味です。

これ大切な考え方です。

 

あまり知られていないけど、成功する人って

この「割り切る」ことに関しては、みな一流ですよね。

 

ですので、あなたが成功したいと思うのであれば

「やってみる」

「割り切る」

「成功は確率論」

の3つを覚えておくといいですね!

 

追伸:

私の著書、『5分の使い方で人生が変わる』においては、

この「やる」と言う部分と特に掘り下げて書いた訳なんですが、

それと同時に、割り切るってことに関しても書いています。

是非とも読んでいないのであれば、こちらから立ち読みしてください

『5分の使い方で人生は変わる』立ち読みページ

 

 

もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓

⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

blog

小山のメールマガジンは、こちらから登録してください↓
只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントを無料でプレゼントしています!

⇒ 小山竜央 オフィシャルメルマガ

小山のフェイスブックはこちら↓
⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

今メルマガに登録するとストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントをプレゼント!

小山竜央 オフィシャルマガジン


また、LINE友達も同時に募集しております↓
⇒ 小山竜央とLINE友達になる



私のセミナーに参加したい場合はこちらから。セミナー講師になりたい方はチェックしておいてください♪↓
⇒ 小山竜央 セミナー講師育成講座


小山のフェイスブックはこちら↓
⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)



小山のTwitterはこちら↓
⇒ 小山のTwitter 


関連記事

  1. コラム

    スタッフをクビにしました

    昨日6時間限定で、突然翌日の合宿に参加しませんか? と募集を…

  2. アンケート

    初めてのFacebook Liveはこんな結果でした!

    自分が顔出ししてないので、 他の方のFacebook Liv…

  3. Information -ご報告-

    クレイジー富士山登山2017年

    富士山登頂してきました! ちなみにスタッフの3人…

  4. コラム

    小山の思考回路

    毎回旅をしている時に、私がいつも考えることはただ一つです。…

  5. お金・マネー

    〇〇先生の意見が正しい!と言う信者ってバカだなーと思う話

    昨日、今日と久しぶりに1000人クラスのセミナーでファシリテータ…

  6. お金・マネー

    一緒に長期的展望ができない人と、仕事はしません

    セミナープロデュースをしている小山です。 私が共同でビジネスを…

公式メールマガジン

bcc1

LINE友達募集中

公式セミナー

semii

おすすめ記事一覧

  1. あゆたや

カテゴリー

  1. 小山の日常

    ムエタイを本格的に習いました!
  2. 小山の日常

    フィリピンで白バイに先導されました
  3. アンケート

    出版記念特別ワークのご案内
  4. 小山の日常

    財布を盗まれました
  5. Information -ご報告-

    インドに学校を作るプロジェクト・・・その後
PAGE TOP