お金・マネー

金を稼ぐ奴が毎月、考えてる事

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに セミナープロデュースをしている小山です。

さて、本日のテーマですが、
毎月一番最初にやっておいた方がいい事です。

必ず私が仕込む事があります。

それは「その月、何を学ぶのか?」です。

これって実はかなり重要で、

毎月必ずテーマを決めて、
お金を作る為に、何をしたらいいのか?

言い方を変えたら「何が足らないのか?」を考えるんですね。

 

月ではなく、年間で考えると事もできます。

例えば・・・

2014年の時は、FBの集客でした。

2015年の時は、会員制の仕組みづくり

2016年の時は、大規模セミナーの安定化

と、私の中ではテーマを決めて、
その時折において、自分が分からない事を
どんどん学んでいった訳です。

どんな人でも、最初からできる人はいません。

当たり前ですが、この当たり前が分かってないんだよな~

稼げげない人に共通するのは
『コンサルタントを雇わない』ことです。

コンサルタントこそ金のムダ!くらいに考えて、
マジで金使わないんですよ。

それこそお前の時間と金を無駄にしてるっつーの!

という事が、まるで何一つ分かっていない。

そして、大体言い訳の1つが

コンサルタントを雇ったって、結果が出ない。
という言い訳です。

これね、バカなのかと思うのですが、

コンサルタントを雇う理由は

「出来ない事を教えてもらう」為に雇う訳ですよ。

もっと言えば、自分の予想のズレを修正する為に雇う訳。

でもコンサルタントを雇う人の大半が、
「全部コンサルタントに任せたい」って考えでしょ。

だから結果なんて出ません。

あくまで「コンサルタントは先生役」なんです。

学生で考えたら、全く勉強する気がない学生に
どんなに優秀な先生をつけても、頭なんてよくならないです。

コーチングややる気を出させればいいんじゃない?
という話はさておき、

我々は大人ですから、やる気はあるのは当然。

要は、先生に丸投げするんじゃなくて、
『自分がやる』という考えをしっかり持つという事です。

そういう意味では、コンサルタントを雇わず、
ゼロから全部自分で考えてやりたい!
って考えもアリっちゃアリですよ。

でもね、はっきり言いますが、

絶対先生がいた方が早いです(笑)

今度私は、飲食店を作る予定ですし、
過去にも作ったことがあるので、

当然分かりますが、最初はやはりコンサルタントを雇いますもの。

何故なら、先生がいて、先生と一緒にやった方が
何事も早いから。

後、さっきも言ったように『ズレ』が素早く修正されるんです。

売上が上がらない人って、大抵小さいズレなんですよ。

例えば、うちのスタッフとかを見てても、
結果が出ない人は、明らかにズレてんな~って思う事ありますよ。

で、ズレを指摘する人がいないと、

そのまま、ずるずるズレが大きくなっていく。

時には勘違いして辞めていく人もいます。

ま、それはそれ。

要はこのズレって、一言でいうと
「自分の考えてる”常識”から抜け出せない」という事です。

コンサルタントを雇う理由は、過去の自分が持つ常識を破ってもらい、

同時に正しい道筋を教えてもらい、ズレを修正する為に雇います。

労力、かかる金銭的価値を考えると、
会計上もコンサルタントを雇った方が、
何倍も効果的なのは分かるはずです。

ここで問題になってくるのが、

「じゃあ、いろんなコンサルタントがいるけど、
結局誰を雇えばいいのか?」

という話です。

これが実は難しい問題なんですよね。

ただ、私が言えることは

コンサルタントを雇った事がない内は、
「売上に直結する事」から雇った方がいいです。

つまり、

・マーケティング

・集客

・販売

この辺りですね。

勿論、組織改革とか、マインドセット。

みたいなコンサルタントもいますが、
よほど悩んでない限り、最初は不要です。

起業コンサルタントなんかも、わんさかいますが
その殆どは、何やら良くわからないマインドセットと、

ざっくりとした、商品作りの話しかしなかったりしますので、
実際雇ってもあまり効果的ではありません。

もう一度言いますが、

・マーケティング

・集客

・販売

この3点にかかわるコンサルタントだけでいいです。

例えば、集客って事を考えたら、
必然的に商品作り、コンセプトは入ってきますし、

販売ってなると、当然売るためのプロセスで
キャッチコピーや商品名を決めるプロセスはあります。

つまり、↑の3点に注力を注げば、

おかしな起業コンサルタントに騙される事なく、
正しく、しっかりとしたコンサルタントだけに出会えるという事です。

そんな私も、フェイスブックをはじめた頃は、
160万円払いフェイスブックのコンサルタントから学びました。

実際やった事はセミナー2回くらいと、レジュメを貰って
後は1回対面形式でコンサルティングを受けました。

私の場合は、ウマが合わなかったのか、
まあ微妙だな~と思ったので、それから受けませんでしたが、

結果から見ると、それからフェイスブックだけで
合計2000人以上はほぼタダ同然で集客ができるようになったので、

十分元は十分取れました。

もしそのコンサルティングを受けていなかったとしたら、

今だにフェイスブックのイロハが分からず、
どうやって集客したらいいか?悩んでいたかもしれません。

だから私の場合、どんどんコンサルタントにはお金を払います。

なので、はっきりズバっと今日お伝えしておきますね。

『分からない事は考えずにお金で解決できる』

これが全てです。

悩むだけ無駄です。

正直多くの人は、お金をケチりすぎです。

あなたがやった事がある事ならまだしも、
やった事がない事や、新しい分野で、

どうしてコンサルタントを雇わないのか?
不思議で仕方ない。

それって単純にお金が惜しいからでしょ。

私から言わせたら、ただのケチです。

経営者で、「広告費と教育代」をケチってはダメです。

とにかくこの2つが圧倒的にビジネスで売り上げを上げ続けるコツです。

逆に上手くいかない人は、マジで広告費と教育代をケチります。
だから売上が上がりません。

お金が手元にないなら、借りてでもこの2つにお金を入れる。

またはダブルワークでもして用意しろよ。ってレベルです。

とにかくお金がないって人程、この2つは出し渋り
どうでもいい「見栄」の為にお金を使う傾向があります。

お洒落な洋服を買ったり、居酒屋で話を膨らませるより、

「広告費と教育代」に金を使う。

マジでやってみてください。

とは言っても、何を学んだらいいのか分からないよ~
って人がいるのも事実。

まあ、起業家になりたての人だと、
特にどこから初めていいか分からない。
って人もいるでそう。

ちなみに私がおすすめなのは、すでに実践しているコンサルタントで、

初心者に分かりやすく、手取り足取り教えてくれる人。

ひとまず年商1億くらいまでは、
0からでも持っていける力があるコンサルタント力を持つ人を
見つけるべきですね。

また情報の質が濃い人。常に新しい情報が
アップデートされてるコンサルタントなら、なおいいです。

こういうコンサルタントの情報や、
何を今年学んだらいいのか?をまとめて、
勉強会をやろうと思いますのが、

ちなみにこういう勉強会って興味ありますか?

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

今メルマガに登録するとストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントをプレゼント!

小山竜央 オフィシャルマガジン


また、LINE友達も同時に募集しております↓
⇒ 小山竜央とLINE友達になる



私のセミナーに参加したい場合はこちらから。セミナー講師になりたい方はチェックしておいてください♪↓
⇒ 小山竜央 セミナー講師育成講座


小山のフェイスブックはこちら↓
⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)



小山のTwitterはこちら↓
⇒ 小山のTwitter 


関連記事

  1. お金・マネー

    フィリピンで永住権をとりました。

    実は先週、フィリピンに行って開発地区への投資と 不動産の手続…

  2. コラム

    セミナーに参加できない人の大半は身内の不幸

    これは前々から思っていたのですが、セミナーに参加できない人の6割の…

  3. 5分の使い方で人生は変わる

    やる気がない時に

    『5分の使い方で人生は変わる』では、最初の…

  4. コラム

    身内に嘘をつくな!

    From 中国雑技団JIN SHA THEATER…

  5. コラム

    自由に憧れる人へ-1日4時間半だけ働くススメ

    多くの人が考える「自由の定義」とは「仕事をしないこと」だという認識…

  6. コラム

    2016年は「動画マーケティング」の時代

    小山です、この度会社を移転しました!フェイスブックには…

公式メールマガジン

bcc1

LINE友達募集中

公式セミナー

semii

おすすめ記事一覧

カテゴリー

  1. お金・マネー

    例の晩餐会、募集について(クラウドファウンディングやるよ)
  2. グルメ・食事

    六本木の黒田屋に行ってきました
  3. 北京(中国)

    北京ダッグの名店、大薫烤鴨店に行ってきました!
  4. グアム(北マリアナ諸島)

    ターザウォーターパークでさよならの三田
  5. 高嶋家のホームパーティ

    小山の日常

    高嶋家のホームパーティ
PAGE TOP