講演・セミナー(コラム)

「できる限りやる」という言葉は信用ができません

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに セミナープロデュースをしている小山です。

今回、集客エクスプロジョーン合宿の

審査フォームを見ていて面白いデーターがとれたので、ここで公開します。

 

まず、おさらいをしておくと、この合宿は3日間の集客をマスターする為の強制的な合宿で、


身に着けられるものは、

1.集客したことがない人が、最低でも20名以上がその場で集客(その場でやらせる)
2.継続課金モデルの構築と安定収入(課題に出るので強制的に作らせる)
3.今後も継続的に集客が爆発していく最強モデルそのもの

という流れになっておりますので、
何度もお伝えしていますが、普通の合宿と比較しましても、

結果重視の合宿と言えるでしょう。

ただし、お値段ですも当然ながら、89万円という価格を頂戴している合宿です。

 

それを、『特待生』として受講代を免除して受ける事ができるので、通常ですと、ありえないオファーをしています。

 

その為の審査として、事前アンケートに回答してもらってるのですが、
 
アンケートの中に、「事前課題について」という項目をつけたんですね。

 

これって、誰がどうみても分かるように、

どのくらい本気なのか?を知るためのものなのですが、

このアンケート、回答としては以下のように5種類が選択できる形にしておりました。

1.どんな困難な課題でもチャレンジしてみる
2.できる限りやってみる
3.内容によってはやってみる
4.まだ何とも言えない
5.事前課題はやる気がない

 

さすがに3~5を選択する人は一人もいませんでしたが、

問題が2番の「できる限りやってみる」という項目です。

 

これ、見方によっては

「頑張りたいけど、どんな課題か分からないからまだ分からない」という考えだと思います。


そして、面白いのがここから。

この選択をしていた人って、全体の5%くらいなんですが、

フェイスブックの友達が明らかに少なかったり、
投稿頻度が極端に少ない層だったんです。

 


つまり、普段から「集客」や「リスト」という考え方が乏しい層だという事になります。

 

勿論、フェイスブックはプライベートとしてか使っていない!

という場合もある事を考えて、細かくチェックしていましたが

 

あれあれ??そもそもの話、フェイスブックを殆ど使っていないじゃないか。


という人達ばかり。

そりゃ確かに「できる限りやってみる」という回答になるよなぁ。

と思った訳ですが、自分だったら恐らく全く逆の発想なんですね。


今までやったことがないからこそ、今回自分の持っている最大限のリソースを使って、最大限の挑戦をする。これって当たり前じゃないですか?

 

たとえば、今回5月13日~14日に5000人の大規模セミナーをしますが、

本気で挑まないと、かかるコストだけでも、
2日間で3000万~5000万かかるイベントです。

 

だからこそ真剣にやっている訳で・・・

本当に真剣に考えている人が「できる限り」という選択をするかな~?

 

と考えると、やはり疑問がわくわけですよ。

 

勿論、スキル不足!という最大の問題が発生して、不安を感じるのも分かります。

でもですね・・・他の人達の回答を見てみると、フェイスブックを今まで使ってない人でも物凄く熱いメッセージを書いてるし、

 

しっかり事前課題をやります!

と意気込みを持っている人が大半な訳でして・・・。


こう考えたときにですね、今回の合宿は本気で挑む人達の集まりで、
最強の環境で作り上げたいんですよね。

 

例えるなら、目的地に向かって進んでいく船が合宿であり、

今回は、その船員を募集するようなものです。

 

船をこぐのは全員でこがなければいけないし、誰か1人でも欠ける人がいたら、船は進まない。場合によっては足を引っ張り合い、沈む事だってあるわけですよね。

そういう意味では、本人うんぬんよりも、真剣にやろうと考えている周りの人に対して、「できる限りやってみる」という回答は、失礼じゃないですか?


やはり、少しでも「ん?」と思う事があったら特待生としてはNGですね。

そんな訳で、全員落とす事に決めました。


ちなみに審査ですが、第一次募集を本日締め切りますので、

まだの場合はこちからどうぞ。

集客エクスプロージョン特待生:

http://tatsu-blog.jp/?page_id=2196

 

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

今メルマガに登録するとストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントをプレゼント!

小山竜央 オフィシャルマガジン


また、LINE友達も同時に募集しております↓
⇒ 小山竜央とLINE友達になる



私のセミナーに参加したい場合はこちらから。セミナー講師になりたい方はチェックしておいてください♪↓
⇒ 小山竜央 セミナー講師育成講座


小山のフェイスブックはこちら↓
⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)



小山のTwitterはこちら↓
⇒ 小山のTwitter 


関連記事

  1. Information -ご報告-

    インドに学校を作ろうプロジェクト講演会はこんな感じでした!

    僕たちでインドに学校を作ろう!というコンセプトの元、賛同する講師…

  2. コラム

    ANABAセミナー大成功!

    1月始まって早々のANABAフェスを開催しました!…

  3. コラム

    アニョハセヨ!レジュメができたセヨ!

    小山です、 「社長~5月10日のセミナー準備が大…

  4. お金・マネー

    地下格闘技イベントを開催しました!

    昨日は地下格闘技イベントでした! 「めちゃくちゃ…

  5. コラム

    プロデューサーの本質は「選び捨てること」である

    連日のイベントラッシュの中、 東京で開催した最新のビジネス&…

公式メールマガジン

bcc1

LINE友達募集中

公式セミナー

セミナー

おすすめ記事一覧

  1. バリ島
  2. 警察

カテゴリー

  1. 北京(中国)

    北京ダッグの名店、大薫烤鴨店に行ってきました!
  2. What's New -最近の活動・講演会情報-

    【急募】スーパークルーにならないか?
  3. Information -ご報告-

    目黒雅叙園で久しぶりにセミナー講師養成講座を開催!
  4. スマホの5分で人生は変わる

    美女読書に掲載されました
  5. お金・マネー

    今年はオンラインサロンが流行ります
PAGE TOP