お金・マネー

スタッフやお客様とSEXする人は経営者失格

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに セミナープロデュースをしている小山です。


大反響のボランティアセミナーですが、あと2日で終了します。


今回は私も今やっている、
一瞬で好きなビジネスを立ち上げて、すぐにお金にして、自由自適に過ごす
「シリアルアントプレナー」という考え方を皆さんに分かりやすくシェアします。

殆どの人がやってないし、知らないので、
一度みにきてください。

あと2日で終了

http://guo.jp/jef

 

さて、このようにセミナーイベントをやっていると、
度々おこるのが「セミナー講師の勘違い」についてです。

今日はこの点について話をしましょう。

セミナー講師をやってると『先生』って言われすぎて、自分が凄いと錯覚する人が多いです。

特にスピーカーなりたての時とか、知識がついてきて、ある程度、知名度もあがってくると、だんだんと自信がついてきます。

もちろん、講師してそれは間違えていません。
自信も大切だったりします。

ただ、その自信が時に大きな勘違いとなって、方向性が間違える事があります。

その兆候となるのが以下の3つです

1.ウソをつく事が当たり前になる
2.お客様とイチャイチャする
3.世間一般の常識が理解できなくなる

これらの兆候が出てきたら、自信が一周まわって、過剰になってきたパターンなのですが、
そもそもの話、何故こういう事になるかというと、

セミナー講師自身が『自己重要感』が強く、それを求めてる人が多いからです。

 

そのため、自分がお客様から褒められたリ、もてはやされる事に快感を感じてる人が多くなります。

ただ、これらの兆候は本人では感じない部分が多いので、それぞれ解説してきましょう。

1.ウソをつく事が当たり前になる
自分をよく見せようとして、ちょっと大げさにいう講師は多いですが、
それが行き過ぎると、完全にウソをつくのが当たり前になり習慣になります。


こうなると、言動に一貫性がなくなるので周りから見ても、

あの人は終わったな・・といずれ言われるようになります。

 

周りにはバレバレなのですが、本人はそんな事がない!

と最後にはお客様に逆ギレをするのが普通になります。


ここまで来ると終わったコンテンツ・・通称、オワコン(オワッタね君たちコンプレックスの塊だよ)状態になり、お客様からも見放されます。

防ぐためにはシンプルで『常に自分自身が実行し続ける』
これだけです。


理論を語る講師になった瞬間に、ウソを言い出します。
一流は実践し、三流は理論を語る。
この違いです。

 

しかし、もっと最悪なのが

2.お客様とイチャイチャする

オワコンどころか、三流以下ですが現実的に男女ともに多いです。


講師はよくもわるくもモテるので、
お客様からチヤホヤされるし、寄ってくるのですが、完全に勘違いしてそのまま突っ走るパターンです。

ちなみに、男性経営者の5割~8は女で失敗してますね。
身近な人やクライアントや、お客様に手を出して、ズブズブの関係になって失敗します。

はっきり言って『バカ』です。

過去に見てきてる例で、上手くいった例は殆どありません。
大抵最後は仕事、恋愛、人間関係全部ズブズブになります。

身近な人に手をだすと、後々のリスクが多いので、まず成功する人達は手をだしません。
※分かったうえで手を出すのはカルト教団や、教祖タイプを目指してる講師くらいです。


有名になればなるほど、こういう事は気を付けるのですが、
三流講師はまず気を付けないので、簡単にお客様に手を出します。


パターンとしては、異性にモテない人が、講師になってしまうと手を出す傾向が強くなります。

そのため、ムッツリスケベが多いです。

 

お客様も、講師としての自分が好きなのであって、プライベートの自分を見てる訳ではないので、アイドルと同じなのですが、

大抵の講師は気づかないまま勘違いしてたりします。


本当にモテる人は、お客様じゃなくて他でいくらでも見つけられるので、

そんな事しないのですが、モテないムッツリ講師ほどお客様に手を出します。

 

ただ、わざわざリスクを犯してお客様に手を出すのは、単純にコントロールが出来てないからです。

この時点で講師として失格です。
同じく経営者でスタッフに手を出す奴も同じです。


これを防ぐ為には、自分をコントロールする必要があります。

無理そうなら出会いアプリをやるか、男性だったらパイプカットしたほうがいい。


もうバカすぎます。


講師でお客様と男女関係のもつれになる人は、本当にダサイです。

 

3.世間一般の常識が理解できなくなる

さらに自意識が強くなりすぎて、世間一般の常識が分からなくなります。

ところで、講師のセリフでよく、セルフイメージを高めるという言葉がありますが、

あくまで最後に商品を購入するのは「一般のお客様」なので


セルフイメージを高めすぎた結果、
世間一般の常識とかけ離れすぎて、全くお客様気持ちが理解ができなくなります。

 

こうなると同じくオワコンです。


一流の講師は、
トップの気持ちも、最下層の人の気持ちも一般人の気持ちも理解できる人です。

どんな場所、立場関係なく、目の前の人の気持ちを理解できるから一流なのです。

三流は常に自分中心なので、
所謂、お客様の感情と『ズレ』が発生しやすくなります。


こうなると、中々修正が難しいです。
これを防ぐ為には、定期的に様々なお客様の声に耳を傾ける必要があります。
これだけで改善されるのですが、中々気づかなかったりします。

と、このようにセミナー講師をやってる人の大半が、一度は陥ってしまう落とし穴について
今日は話をさせていただきましたが、どうでしょうか?


書くのもバカらしいのですが、
最近またよく聞く話なので、改めて書きました。

自分としては当たり前なのですが、こういう当たり前が分かってないと、やっぱり上手くいかないですね。


こういう話を、久しぶりにガッツリシェアします。
最近、話したい事が沢山あるので、こちらから学びにきてください。

http://guo.jp/jef


ではまたのぉ~

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

今メルマガに登録するとストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントをプレゼント!

小山竜央 オフィシャルマガジン


また、LINE友達も同時に募集しております↓
⇒ 小山竜央とLINE友達になる



私のセミナーに参加したい場合はこちらから。セミナー講師になりたい方はチェックしておいてください♪↓
⇒ 小山竜央 セミナー講師育成講座


現役で結果を出し続ける小山が毎月教える、マーケティング講座はこちら↓
⇒ 小山竜央 エクスペリエンスアカデミー


小山のフェイスブックはこちら↓
⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)


もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

関連記事

  1. アドバイス

    コラム

    小山が20代の自分に教えたかった事

    最近、20代の起業家を集めて、アドバイスをする…

  2. kame

    コラム

    小山より上手いセミナー講師

    小山です、既にご存知の通り、日本で一番のセミナー講師育成講座と言っ…

  3. shutterstock_214190257

    お金・マネー

    メディアプロモーションをしっかりやったほうがいい

    ビジネスをやるにあたって、 ”見込み客リスト&r…

  4. d

    Information -ご報告-

    ロバートキヨサキ来日イベントのスポンサーを募集します

    結論から言いますが、 今回のメールでは以下の事を…

  5. 20690238_2001464273416826_841082008691888663_o

    お金・マネー

    4日間のセミナー講師トレーニング

    人気セミナー講師になるための合宿であり、日本一と言われ続ける、…

  6. IMG_20170226_121526

    Information -ご報告-

    インドの学校から写真が届きました

    今朝メールを開 いてみると、インドからメッセージが届いていました…

公式メールマガジン

bcc1

LINE友達募集中

公式セミナー

semii

おすすめ記事一覧

  1. 新刊
  2. cc
  3. Two alternatives
  4. hora
  5. 96
  6. 76
  7. dsc04732-1024x683
  8. Three business women are chatting in the office
  9. b
  10. 6b7e4183adb5673b492529b7d0460889_s

カテゴリー

  1. persondog

    健康

    人間ドッグに行ってきました
  2. 2

    ボラカイ島(フィリピン)

    ボラカイ島に到着しました!
  3. S__18604038

    グルメ・食事

    居酒屋甲子園1位のお店「博多ほたる」にいってきました!
  4. 旅ログ-韓国

    釜山でまったりSPAな気分~
  5. 19184215_1917240875182433_1016349117_n

    コラム

    難しいビジネスを成功させる為のヒットコンセプトの作り方!失敗しない”3つの条件”…
PAGE TOP