コラム

10年来の友達と会うときに注意すること

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに セミナープロデュースをしている小山です。

私は殆ど人と会ったり飲んだりしないのですが、
交流会を開いたり、セミナーを開いていると、時々何年かぶりに友人や知人に会って話をする事があります。
 
その時に注意しないといけない事ですが、
 
相手は「過去のあなた」で歴史が止まってるので、
過去のあなたのイメージを思い描きながらしか話ができないという事です。

 
 
10年間経ってれば、大抵やってることも考えてることも、付き合ってる人も違ってたりしますが、
 
相手のイメージは10年前とから変わっていません。
 
 
なので私は最初に「今なにやってるんですか?」
 
と、今やってる事を聞くようにして、
過去の話は基本ほとんど話をしないのですが、
 
相手の中には、過去の話しかしない人もいます。
 
 
この時注意する事ですが、
 
周りに初めて会う人がいる中で、過去の話をする人がいると、

初対面の人も「過去の自分」のイメージから入ってくるので注意が必要です。
 
 
逆の立場で考えると、
過去の話を知らない人の前でされるのは気分がいいものではなく、
 
過去に失敗した経験があり、今は全く違う事で成功している場合は、

今さら過去の話を根ほり葉ほり言われても、ムっとされるだけなので気を付けたほうがよいでしょう。
 
 
そのため、久しぶりに友人や知人と会う場合、

自分の印象を大切にしている人は、なるべく周りに初対面の人がいない状態で会った方がいいと思います。
 


つい最近もある知人にあったのですが、いつ会っても10年前の話しかせず、

今の自分の事は噂程度でしか知らないのです。
 
 
せっかく久しぶりに会ったのですが、過去の話ばかりするので、

今やってることやお得な情報など、話そうと思っていたことも殆ど話をしなかったですし、

単純に情報をシャットダウンをする勿体ない生き方だなーと思った次第です。
 
 
また、その人がやってる塾や周りの人に会うと、初対面や殆ど話をしたことがない人ですら、
同じように、10年前の情報と噂話ばかりが広がっております。

 
完全に情報が独り歩きしており、本人がよくてもグループ自体の印象も非常に悪くなります。
 
 

実際、この事は私の周りも知っているのですが、


今の私の事をしってる人から見ると、その人のグループ内で言われてる情報と

私の印象がかけ離れすぎてて、結果的に噂が元になってるグループの印象はさらに悪くなります。

 
 
この全ての発端は、主催者が過去の話しかしない事です。
 
 
情報がないと過去の話ばかりを、ついついしてしまうのですが、
 
 
過去の情報や噂を発信するのは、基本損ばかりするので、
基本的には今何をやってることに目を向けたほうがお得ですね。

 

という訳で、基本久しぶりに人にあったら「今なにをしているんですか?」と聞きましょう。

 

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

今メルマガに登録するとストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントをプレゼント!

小山竜央 オフィシャルマガジン


また、LINE友達も同時に募集しております↓
⇒ 小山竜央とLINE友達になる



私のセミナーに参加したい場合はこちらから。セミナー講師になりたい方はチェックしておいてください♪↓
⇒ 小山竜央 セミナー講師育成講座


小山のフェイスブックはこちら↓
⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)



小山のTwitterはこちら↓
⇒ 小山のTwitter 


関連記事

  1. お金・マネー

    計画を立ててもいつも挫折する理由

    いつも計画をたてても、なかなか上手くいかないんですよという方は多いです…

  2. コラム

    セミナーをやらない人の気持ちが分からない

    いや~今回のニックブイチチさんのセミナーで あれだけ言ったん…

  3. お金・マネー

    生涯集客に困らなくなる方法

    先月から今月にかけて、怒涛のセミナーラッシュで、3日間のセミナ…

  4. コラム

    集客できないならこれを読め!

    参加者がどんどん増えて、どう考えても 今のセミナ…

公式メールマガジン

bcc1

LINE友達募集中

公式セミナー

セミナー

おすすめ記事一覧

カテゴリー

  1. Information -ご報告-

    成功のレシピを開催しました!
  2. コラム

    気功は本当に存在するのか?実験してみた
  3. 5分の使い方で人生は変わる

    祝・4万部突破
  4. コタキナバル(マレーシア)

    コタキナバルでジャングルクルーズ!
  5. 北京(中国)

    中国雑技団が凄すぎる件
PAGE TOP