コラム

今から頑張ろうとおもうこと

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに YouTubeをプロデュースしている小山です。

毎年、綺麗に増収増益で来ている訳ですが、今年はかなり難しい年になりそう。
 
あ、増収増益は当たり前なんですが、そこじゃなくてですね・・

体制が変わるんですよ。
 

今までも色々試行錯誤しながらやってきた中で、

今年一番の難関は「マーケティングオートメーション」

「セールスオートメーション」「ブランディングデザイン」

という3つの壁と同時に、新しいチャレンジをしなければいけない年です。
 

もはやセミナーで売り上げが上がるのは、基本中の基本ですし、

ごく普通の流れで1億、2億・・3億と上がっていきます。


 
が、これやれば分かりますが、
単体セミナーのみで勝負をかけると、途中で集客がコケたり、

なんやかんやで難しくなってくるんですね。
 

やってる人でも、毎月50名くらいをオウンドメディアでコツコツ集め続けるか、

あるいは、違ったコンテンツを作るか?

という選択肢に迫られる日がくるでしょう。
 
またはJVででかく仕掛けていくか、プロデュース側にまわるかですね。
(ちなみに、本当にそこにたどり着いてる人は、このブログを何度か読み直すと思うよ)


 
でも、それも正直見てて思うのが、年商でいっても10億程度なんですね。
 
限りなく個人起業家でやってる人であれば、そこまでやっても1億~3億でやはり止まっています。
 
これは見なくても大体内情知ってるんで、ウソつかなくていいですよ。そんなものです。


 
幸いにも(?)というか、うちは案件が多く、

同時に20、30案件を回したりするので、伸びてる訳ですが、
 
本質的な話をすると、ただ売り上げを上げたらいいという話ではないんです。


 
はっきりいって、ビジネスをはじめたばかりの頃は、

「セールスとマーケティング」ができれば、ガツガツ売り上げは上がります。
 
もっと言えば、情報発信力があるといいですね。
 

正直、Facebookで書いてる内容を見ても、大した内容を書いている人は殆どいません。

LINE@に関しては、情報発信能力が低い人はそもそも参入すら危うい(何故ならリストが集まらないから)
 
 
Facebook Botが流行りすぎて、またこれか~
どうせすぐに終わるんでしょ。とかいう人いますけど、
 
これだけ情報発信力に差があるんだから、情報発信能力がない人は消えて、情報発信力がある人は残り続けます。
 
んなのバカでも分かると思うけど、これまたバカには理解できないんです。
 
 

バカの定義は、すぐに目移りして王道と呼ばれる手法を放棄する事です。

 

王道の手法は

・セールス

・マーケティング

・リスト集め or 集客

ここだけに特化すればいいです。

 

そして使っている人がいる限り、その手法はなくなりません!

形が変わっても何かしらの方法で使えるということです。


同じくLINE@も同じで、LINE@って現在進行形でめちゃくちゃ使えるツールです。
 
私も個人LINEとLINE@とLINE WORKSの3つを使ってるのですが、

LINEはマジで使えます。

 

今しこしこと、LINE@の仕込みをやっていて集客のフローをもっと組み立て用としています。

まあ、これもマーケティングオートメーションの一部ではあるんですが、

やはり組み立てをしっかりやれば、売り上げは安定します。


 
というか、普通にこれだけで年商2億~3億程度はいくんです。
 
だから別に不思議な事ではなく、個人起業家がしっかり仕込みをすれば、この規模感はすぐに達成します。
 

まず1億も売り上げいったことない人は、

こういう当たり前の事からやればいいんじゃないのかな?目移りしないで。


 
私がやった場合、別にそれが物販ビジネスであろうと、

メルマガであろうと、多分何をやっても1億くらいはサクっといくでしょう。


 
だからそれ以下の人に言える事は、本質的に大きなズレがあるという事になります。
 
このズレはもはやテクニックではなく、基本的な考え方の部分です。
 
 
例えばインフォ業界の広告の使い方と、

私の広告の使い方は大きなズレがありますし、反応率も違うはずです。
 
当然コンセプトも違います。
 

でもこれって説明しても全然伝わりません。


最近は説明がつかれたので、全くしていないのですが、数か月で見ると、

インフォ系の広告の方が反応が高いかと思いますが、2年間の総LTVで見てみると私の方が良いはずです。
 
 
論より証拠で、うちの広告はずっと出してるのに、反応が高いはずのインフォ業界の広告は、軒並み見なくなりますよね。
 
これはマーケティングデザインの問題と、ブランディングデザインという

大きな問題がはいってくるのですが、

 

業界的にごっそりこの考えが抜けてるので、

もはや、そこを説明するのってちょっと違うきがするんですよね。

 

そもそもポジショニングも違うからね。

 

実際、そういう事をしなくても、新規で客をとれるのであれば、

まあそれはそれでアリなのではないか?と最近思ったりもします。
  
 
話がそれましたが、基本的な考え方ができてれば、
どの業界でも生きていけますし、どんなビジネスをやっても
最低限の売り上げは成り立ちます。
 
当然、年商1億は最低ベースとして、しっかりやればやはり3億、5億と上がっていきます。
 
  
 
だけど、そこが限界なんですよね。
 

この次の段階にいくには、ただ単純に

「オンライン上だけを仕組化」したところで無理な段階にやってきます。
 
規模でいうと、年商10億~20億くらいからですね。


 
このくらいの規模からも、ある程度、ゴリ押しすればいけるんですが、

そこから先はどうしても力技だけでは無理ですし、


 
オンラインだけで完結するには、難易度が高くなってきます。

みんなオンライン(ネットで全部完結するぜ!)に希望を持ちすぎです。

 

一応、方法としては層を幅広くとるために、

マスブランディングを強くする。

グロースハック化して内部メディアを強化していけば、オンライン上だけでもいけます。

 

ネットビジネスでいえば金川さんが前者のタイプ

後者の例は沢山あって、有名なのはメルカリさん等ですね。

もし私がやるなら後者かなー。

 

が、しかし・・どんな方法をとったとしても

必ずやらなければいけないのが『チームの仕組化』というものです。

 

どっちにしても、スタッフが増えないと無理な段階になりますし、

スタッフを雇わなくても、何かしらのチームが必要になってきます。


 
このあたりで、どうしても出てくるのが

「ミッションステートメント」だったり「理念」と呼ばれるものでしょう。
 

これもまた、年商5億以上いってる方であれば、なんとなく「うんうん」と理解できるかもしれません。
 
年商が50億をこえる会社で、「理念なんてないよ」という会社は、

よほどイノベーション型の会社か、明らかな詐欺会社でない限り見たことがありません。


 
ただ、理念なんて語ったところで、スタッフやチームに浸透するかどうかは別物で、
 
意外と全く理解してなかったりします。
 
 
そしてこのあたりで同時にオフライン、とりわけスタッフ間でのマインドセット、手法の統一と
 
自分がやろうとしているビジネスの、『ブランド』を強く意識する時期に入ってくると思います。
 
 

ビジネスをはじめた初期の頃に比べると、まるで違う形になったなーと思う段階になるでしょう。


なにが言いたいかというと、ビジネスというのは『成長する』という事です。
 

最初の頃やっていたやり方と、成長してからやるやり方は、全く違います。
 
というか全然違う。


 
最初から面倒なので伝えているのですが、

成長とともにやる内容も、方法も、時には全く違った展開をしなければいけないときがあるんです。


 
それが理解できずに辞めていく人もいるし、まあそれはそれ。って感じで、
 
うちの会社でいうと、頑張って大きくしていこう~としたのが2015年からです。
 
 
意外と知られてないですが、設立から2年間は会社を成長させるのは、のんびりやればいい~くらいの感じでした。

つまり、適当です。


 
正直うちのセミナールームは、映画鑑賞かゲーム大会にしか使われてなかったですからね。
 
「あの花」や「東のエデン」なんかが社内で絶賛され、

スマブラをやり、ノリで海外にいくような、いわゆる「オタクが集まるゆるい会社」でした。
 

suma
今考えると、よくわからない会社です。
 
そのころのスタッフで残ってるのは1名だけ。あとはみんな体制が変わるごとに辞めました。
  

  
そして今現在、今年はまた新しく本社を移転する計画と、

大阪に支社を出す計画行い、社内システムも一新しようと進んでおります。
 
 
数年前は使う事すら想像してなかった、

セールスフォースを検討し、マケルトやシャノンシステムに問い合わせをしてる現在。


 
うーん・・。なんか時代を感じるなぁ。としみじみ。
 
そんな訳で、スタッフも成長していると思ったので、添付画像のような指示をしてみました。
 
そしたら二つ返事で「かしこまりました」の返答。
 

image
 

スタッフ初期のころに、面接で「何をしてた人?」と聞いたところ

「英語コーチ」です。といったがために、

すべての英語がかかわる難しい案件を丸投げされつづけ、

今では島を買い、セスナをチャーターできる男になったわけだ。

 

後で聞いたところ、彼のいう英語コーチとは、「旅行で困らない英語のやり方を教える人」だったみたいだけど、

私の中では「英語が完璧にできて交渉もできるプロフェッショナル」とインプットされてしまったので、それから次々に無理難題を言ってみてる件。

 

気づけば、世界中のワールドクラスのセミナー講師と交渉し(毎回怒られてるが)

ロバートキヨサキの交渉から、メアリーバフェットの交渉をしたりが日常茶飯事。

 

私の周りは英語が喋れる人がみんな世界的な山に登ってるので、

 

最近、私の中での英語コーチとは

「英語ができてエベレストも登れる人」と認識が変わってきております。

多分、来年あたり彼はエベレストに登ってるかもしれません。


 

そんな彼は、いまから財閥に交渉しにいくことになりました。
 
どうやって交渉するかはよくわからないけどいくらしい。


 
そして私もよくわからないのだが、なんとなく出来る気がする。
 
 
ライブクリエイトはこうして、なんか良くわからないけど、

多分できるだろう。といい続けた結果大きくなった会社だということです。
 
 

そのたびに、巻き込まれるスタッフが、

毎回チャレンジのたびに、頭痛の種を作ってるという噂も聞くのですが、

 

どこからのお偉い誰かが、頭痛が出来る事は成長だ!

と言ってた気がするので、気にしない事にしています。

 

 

多くの人はお願いごとをしないし、チャレンジもしないし、

お口ばかり達者、理論ばかり達者で、次々に新しい話に飛びつくけど

 

そんなくだらない事より、ありえない目標をうちだし、

どうしようもない難問を脳が沸騰するまで絞り出し、

血反吐を吐きながらチャレンジし、

クリアする瞬間を1度味わった方が成長します。

 

はっきり言いますが、目標を作っても、放棄するのは簡単、最後まで戦う人は皆無です。

 

そして私はその経験が人より早く、人より多いので早く成長してるという事です。

 

そんなことをしみじみ

追伸:
LINEで小山のマーケティング情報を公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓


⇒ 小山竜央とLINE友達になる


【直接アドバイスを貰いたい&具体的に勉強をしたい】
現在、小山のマーケティングコンサルや講演会は一般公開はしておらず、マーケティング特化型のオンラインサロンに入ってる方のみに行っております。こちらはマーケティング力を高めたいと考える意識の高い経営者のみ参加可能です

より具体的に直接アドバイスを求めてる方や、最新事例、勉強会に興味がある場合は、こちらからオンラインサロンの情報をご覧ください(要審査制)
小山のマーケティングオンラインサロンはこちら↓
⇒ 小山のマーケティングサロン


LINEじゃ言えない話はメルマガで配信しております

今メルマガに登録するとストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントをプレゼント!

小山竜央 オフィシャルマガジン


【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 小山のTwitter 

関連記事

  1. アンケート

    何で狭い業界だけで戦うの?

    最近どうですか~?お客様来てますか? バブルの波に乗っかって…

  2. コラム

    こんな人は信頼されない

    小山です、今日KADOKAWAの東京ウォーカー編集部と打ち合わせを…

  3. ビジネス・起業

    小山の人脈を紹介します

    突然ですが、私の人脈をフル活用したい人を募集し…

  4. コラム

    セミナー講師必須のアイテム?HELIABRINE

    ハワイに来て数日、ふとABCマートでふらついていると面白い物を見つけま…

  5. コラム

    株式会社闇のホームページがヤバイ!

    あなたは口コミが起きる原則をご存知ですか? 口コ…

  6. コラム

    リスクを取ると不要なトラブルを取るはまるで違います

    とある塾の話ですが、そこでとあるビジネススキームの…

LINE友達募集中

公式メールマガジン

bcc1

おすすめ記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

  1. コラム

    小山が手帳を二つ使う理由
  2. コラム

    人気がないのでやめました
  3. 旅ログ-韓国

    釜山でまったりSPAな気分~
  4. サイパン(北マリアナ諸島)

    流れがよめる人、よめない人
  5. コラム

    タイピング能力=ライティング能力の話
PAGE TOP