裏口出版講座について

小山です。

YouTubeで私の事を知った人はあまり知らないかと思いますが、

実は私は、出版コンサルタントという肩書を持っていたりします。

過去に出した本はすべてベストセラーになっており、

その傍らで出版に対するアドバイザーとしてコンサルティングをしているのですが、

この出版コンサルティングはメイン事業でもなんでもなく、知り合いに頼まれて行ってたり、

元々経営コンサルティングをしている傍らで、そのついでに出版をしよう。

という流れになりやってるものなので、公に一切しておりません。

実績から話しますと、過去にコンサルした人の中には1冊も本を書いた事がない人でも、全員出版できてますし、

その中からベストセラーになりたい!と目指した方に関していうと、全員ベストセラーとなっており、

現在進行形でも10人ほど、出版が確定している人たちのアドバイスを行っております。

最近では、ベストセラーといっても、その中でも10万部を狙うような動きをしており、普通のベストセラーを作ることは飽きてるのも現状です。

 

ちなみに、事業スケールを上げるためには、かねてから「メディアメイキング」が重要だよ!

と何度もお伝えしていたと思いますが、

出版はその中でも、「メディアメイキングにおける最初のステージ」とも言われ、

本を出すことによって、「著者」という肩書が増え、メディア露出も増えていくので、出版をしたことがない人が出版をするのは、非常におすすめです。

広告という観点やセールスレターのCVを上げるという意味においても、露出を増やすという意味においても、

出版は最適で、最初のPRとしては非常にわかりやすく難易度が低いです。

なので、私のコンサルを受ける方は、多くが出版します。

「出版は経営者にとって当たり前」すぎるほど当たり前であり、

はっきりいって、経営者なのに本すら出したことがないなら、仕事を何もしていないといっても過言ではありません。

※戦略的に本を出さずPRをあえて行わないマーケットに身を置いているパターンもありますが、このコラムを見ている人の事業形態は大抵当てはまらないと思います。

ですので、声を大にして言います。

「社長であれば本くらいは出しましょう」

さらにいうと、

「どうせ出すならベストセラーを狙いましょう」

 

え~~~~本を出したこともないのに、ベストセラーなんて狙えるの?

と思ったあなた。

はい、はっきり言って「狙えます」

なんでしたら、やり方次第では「全員ベストセラー作家」にする事もできます。

覚えていただきたいのが、

メディアメイキングという意味で、
ベストセラーの定義づけすると、

実は3つのステージに分かれているという事実。

それぞれ説明しますと、

3段階あるベストセラー領域

1.1万5000部~3万部未満

ひとまずベストセラー作家と名乗れるレベル。
2冊目以降の出版にもつながりやすい

リスト獲得を視野にいれた場合、1000~3000リスト程が手に入っている状態。

2.3万部~10万部未満

出版社が力を入れてPRを手伝ってくれるレベル。

それなりにメディアからも声がかけられ、
パブ向けなアプローチとして入口に入る。

また、書籍以外からもそれなりに知名度が広がる。

3.10万部以上

TVや新聞、雑誌などから定期的に取材がされている
講演会などにも定期的に呼ばれる

著者としての知名度も広がっている状態。

※尚、30万部以上いった場合は、著者としてだけでなく、行ってる事業にまで注目され、事業自体の売り上げも上がりやすい。

これは出版社でもあまり知られてませんし、そしてこの一番最後のステージ3までいくと、「PR的ベストセラー領域」に到達している著者と呼ばれる段階になります。

2のメディアアプローチが成功した際に、この10万部ゾーンに突入しやすい。

 

ちなみに10万部未満と10万部以上で何が違うのかというと、パブに対しての影響力が全く違います。

あまり知られていませんが、10万部以上言ってる著者の大半は

①本人のメディアが強くて到達しているタイプ(インフルエンサータイプ)

②PRによって認知が広がったタイプ

このどちらに偏ります。

尚、このどちらも前提として「売れやすい本である」事が基本です。

売れやすい本を作るのは、本来めちゃくちゃ簡単なのですが、出版社の編集もよくわかってなかったり、企画も適当だったりするので、

出版社の人の話を全部間に受けると、そもそも売れない本が爆誕する。

という謎のループが生まれます。

ちなみに出版社の人といっても、レベル感は人それぞれで、ベテランで力がある人であれば問題ないですが、何となく感覚で本を作ってきました!という人に当たると、やはり売れません。

根底の話になりますが、出版業界がなぜ儲からないかというと、

そもそもの話、トレンドと出版業界というパブが長らく強かったため、マーケティング力を持っている組織が存在しないからです。

従って、大手出版社も、中小出版社も同じく苦境に立たされてるという訳です。

・・・が、私からするとこの状況こそ意味不明であり、本来マーケティング力があれば、本を売ることはそこまで難しくありません。

ましてや、本を出したことがない人が本を出すのは、スーパーサイヤ人4の悟空が、出会ったころのヤムチャと戦って勝くらい簡単です。

そんな訳で、今回はそれも踏まえた上で

「裏口出版ベストセラーPR講座」を開催したいと思います。

講師は私ともう1人、出版社の中でも大手のKADOKAWAから、
数少ないベストセラーに関するヒット論を持っている「伊藤編集長」をお呼びしたいと思います。

最近の出版事情の話も含めまして、どういう本が売れているのか?

そもそもどうやって出版をするのか?

出版をしてベストセラーにするにはどうしたらいいのか?

書籍をPRとして活用する方法

などなど、本を出すところからベストセラー、PRとして使う所までシェアします。

 

尚、過去にも似た講座をやった事があるのですが、
毎回何人かは出版が決定してベストセラーになってますので、

中々再現性もある講座です。

詳細

■日時

7月15日19時~21時
※Zoomにて行います。

■対象
KOYAMA BUSINESS COLLEGE
Youtube最強講座
Youtubeマーケティング経営講座
継承

■プログラム内容

第一部
そもそも出版をするには?ベストセラーの基本

第二部
書籍をPRとしか活用する方法

第三部
具体的に出版をしたい人の為のステップ
小山のベストセラーコンサルティング依頼について

■参加方法

この講座は「事前予約制」です。

以下から事前に予約をしている方のみ参加できます。

参加はこちらから

https://ex-pa.jp/item/35145

LINE友達募集中

公式メールマガジン

bcc1

人気ブログランキング

blog11

おすすめ記事一覧

  1. セミナー

プロフィール

koyama
このブログの執筆者: 小山竜央(Tatsuo Koyama)
年間10000人以上の講演会をプロデュースする
講演会コンサルタント、ライフデザイナー

「一度きりの人生を、創造的な仕事と一緒にPlayしよう」をテーマに、執筆者の視点をつづったブログを書きながら
世界各地ビジネスを行う。

著書に『5分の使い方で人生は変わる』
『人生の悩みはお風呂で消える』がある


プロフィール全文はこちらからどうぞ!

関連サイト

bc

hpb

hpc

image1

カテゴリー

  1. グルメ・食事

    居酒屋甲子園1位のお店「博多ほたる」にいってきました!
  2. コラム

    熱帯雨林でジャガーに追われても逃げ切れる体力をつくりたい
  3. コラム

    普通の女の子が10000人もの人を集めた話
  4. What's New -最近の活動・講演会情報-

    最高のビジネススクール!GBIに参加してきました!
  5. コラム

    シーシャ店の経営会議から見えたシーシャ市場の問題
PAGE TOP