What's New -最近の活動・講演会情報-

和子さん、あなた社長になりなさい!

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに セミナープロデュースをしている小山です。

 

突然ですが、日本の女性社長で
一番多い名前って何か知ってますか?

答えは『和子』です。

ちなみに第2位は「洋子」で、3位は「幸子」です。

その下が「裕子」で、次に「京子」「恵子」「久美子」
と続きます

とりあえず「子」が入ってればなんかよし!

みたいな風潮があるのですが、実際20位以内の殆どは
「子」がつく人ばかりだそうです。

ちなみに、私の妹の名前は「愛」だったので、

あ、全く入ってねーや!と思ってたのですが、

よくよく考えたら、妹の将来の夢は「スーパーのレジ打ちになること」

と答えていた事を思い出し、私と全く真逆の人生を歩んでおりますので、
妹の人生に、何も影響はなさそうだと思いました

※ちなみに、妹の夢は無事叶いまして、今でも毎日幸せにレジ打ちをしております。兄として妹の夢をいつまでも応援しております!

今回はそんな訳で、女性起業家と男性起業家の現状と、
「お金」についてお話しさせていただこうと思います。

何故こんな話をしているかというと、

昨日私がこっそり募集した
「小山のアシスタントにならないか?」

というコラムに対して、

恐ろしい数の応募があってビビった所がはじまりです。
あ、ちなみに数が多すぎたので、もう締め切りました(笑)

やっぱりこういうのは、ピっと感じたら、パパっと行動できる人だけを選びたいと思いますので、

だらだらと募集するものでもないでしょう。

さて、問題はこのアシスタント募集

男性だけですよ!と言って募集したのですが、

なぜか、女性からも3分の1くらい応募があったんですよ。

たしかに、最近私のセミナーでも、半数が女性になってきてるので、

本当に女性起業家の数がどんどん増えてる事を実感してます。

ちなみに、「何故男性だけなんですか?」

と質問があったのでお答えしますと、

女性をアシスタントにすると、めちゃくちゃ気を遣うんですよね。

今回はなるべく気を使わない男性の方がいいかな~
と思ったので、男性だけにしました。

また、ここからは完全に偏見ワールドに入るのですが、

男性と女性ではそもそもお金をつくるスタイルが違うんですよね。

※注※ここからは私の勝手な独断と偏見で話をしますので、苦情、クレームは一切受け付けしません(笑)

男性は数字に強い人が多いので、
どちらかというと広告ガンガン使っていこうぜ!というタイプや、

不動産や株など、基本的に『計算』をしながら
お金を増やしていく力がある人が勝ちまくってます。

常にある情報の波に乗って、暴れ馬を乗りこなすイメージです。

暴れ馬から落ちると、一気に転落するので、
力が強いだけではなく、計算が強くしたたかでないと勝ち残れません。

なので、男性は『戦い』を制する人が成功します。

かたや女性はサポートやフォローアップ、
コミュニケーションが強い人が多いので、

ここは男性では太刀打ちできません。

なので女性はエンゲージメント(お客様とのつながり)を高めて、

どんどんリピーターになってもらう方向性に切り替えてる人程、圧倒的に強いです。

ただ女性起業家の大半は、マーケティングと管理(数字も含む)が圧倒的に弱い人が多いので、そこを課題にしている人も多いです。

言い方を変えると、女性起業がマーケティングと管理が出来たら、
多分男性起業家、投資家よりも平均的に結果を出しそうな気がしますし、

男性はお客様に対して積極的に、マメにフォローをしていく事ができれば、結果を出す人が増えると思います。

・・と、ここまでは私の偏見が入ってるのですが、

実数字で言いますと、実際にこの8年間で女性起業家の割合が2倍に増加しているんですよね。
※東京商工リサーチ調べ

尚、先ほどの名前で「子」がつく人が多いという話をしましたが、

理由としては年齢が60~80歳の女性社長が多いという事実があります。

女性は年齢と共に経験値を生かした、

サービス力を使って、どんどん顧客に対して囲い込みをしていきますから、

リピーターが増えていくのも原因です。

 

とはいえ、最近は20~30代の女性起業家や、シングルマザー起業家も増えてきてますから、

今までの社会構造とは大きく変わってきてる事を実感しています。

そして、起業した後の利益を見てみると、

1年間の平均数字で見れば、男性の方が黒字率が高いのですが、

4年間の平均数字を見ると、女性の方が黒字率が高く逆転するんです。

つまり、短期的にみると「戦いを好む男性」が強いのですが、

長期的にみると「エンゲージメント(つながり)をつくる女性」が強いという事になります。

そんな訳で、最近私の周りにいる経営者は
やたら女性起業家ばかりになってくるのですが、私の所に何故学びに来るかというと、

理由はシンプルで、私がマーケティングと
お金の原則を教えているからです。

マーケティングを学べば、今以上にビジネスをしている人は大きな結果が残せますし、

お金の原則を学べば、起業したばかりの人でも、将来的に大きなお金をつくる事ができます。

起業したばかりの人やまだ収入が不安定な人ほど、

「お金」についての悩みが尽きないと思いますが、

しっかりお金に向き合う事によって、将来的に不安は減っていきます。

ちなみにこれは女性起業家だけでなく、男性起業家も同じでしょう。

では、お金について将来的に、
お金持ちになるにはどうしたらいいのか?

この答えはシンプルでして、

答えは『投資』しかありません。

ただ、投資といっても、中々難しいしピンとこないという人も多いでしょうから、

今日は簡単な原則だけシェアします。

 

投資というのは、言い方を変えると

「将来的に価値が上がるものにお金を使ってるかどうか」

この一言が全ての回答です

お金持ちになる超簡単な方法は、
時間がたつごとに価値が上がり続けるものにしか、お金を使わない事!

短期的にお金が増える、減るではなく、

「価値」が上がる物にお金を使う。

言葉にすると物凄く簡単な原則なんですが、
実際は全く真逆の事をしている人が多いです。

価値が上がる例で言うと

時間がたつごとに『希少』になっていくものは、
価値が上がりやすく、同時に価格も上がりやすい。

例えば・・・・

ワイン
土地

アンティークコイン
絵画

お金持ちが何故こういう物を好むのかというと、
趣味もありますが、投資という側面もあるためです。

高級なワインで言えば、しっかり保存すれば、
年々価値があがりますので、自分で嗜むこともできます

私の知り合いはオークションに参加して、
直接仕入れて現物保存している人が多いですね。

アンティークコインや絵画、土地もそうです。

限られた資源は最終的に「希少価値」が上がりますので、

原則としては、時と共に金額も上がる傾向にあります。

 

貧乏人は、10年後に無価値になる物にお金を使うのですが、

お金持ちは、10年後に価値が上がる物にお金を使います。

まるで使ってるものが違う訳です。

まとめますが、

『お金持ちは価値が上がるものにお金を使う』

これは覚えておいた方がいいでしょう。

後はその価値の上がる速度です。

かけたお金に対して、早く価値が上がれば
お金の額も増えますし、早くお金持ちになれます。

その中で、最もリターン率が高く価値が早く上がるのは、
やはり自分の脳みそです。

ご存じだと思いますが、お金に関する教育する事を『金融教育』と言います。

お金を増やしたい、お金持ちになりたいと言っているのに、

ここにお金を使えない人は、はっきり言って、ダイエットをしないデブと同じです。

明確な調査としては、日銀の金融広報中央委員会が
まとめた「金融リテラシー調査」にて

年収が低い人程、金融知識に関する正答率が低く、
年収が高く、資産が多い人程金融知識がある事が分かってます。

※正答率(年収250万円50.9%、2000万円以上の正答率は73.5%)

さらに、日本以外の先進国では、
具体的に起業、投資に関する教育を積極的に行ってるため、
資産の増加速度が年々格差が開いてます。

貯金が好きな国は『金融知識のない日本だけ』です

日本人がせっせと、マーケティングもお金のことも学ばず、

せっせと貯金ばかりして、毎年のインフレ率以下にお金を減らしている
(世界の平均インフレ率は3%なため、お金を貯金するだけで実は資産は減っていく)

のに対し、金融教育を受けて資産形成をしている人はどんどん増やしてます。

もはやこれを教育格差と言わずなんというのだろうか?

お金をつくる脳みそは、筋肉をつくるのと同じで、
学べば誰でも力が付きます。

もう一度いいますが「お金をつくる思考や脳みそは、勉強すれば誰でも身につけられる」ものです。

コピーライティングが下手な人は、コピーライティングを学ばないし、

リストマーケティングや情報発信が下手な人は多いですが、
そもそも学んだ事がない。

株式投資で失敗する人は、株式投資の勉強をやりません。

将来、不動産オーナーを目指すといっても、不動産投資について勉強している人は少ない。

資産形成が大切だと言うけど、税金について勉強している人も皆無。

だから、はっきり言いますが、

お金がない人達ってダイエットする気がないデブと同じで、ただ何となく生きてるんです。

そんなのでお金が増えるなら、私もそうします。

・・・が残念ながら、現実世界はそんなに甘くありませんので、めちゃくちゃ勉強する訳です。

コピーライティングを学ぶためにセミナーに行き、

やりたくないけど何千通もメールを書いたりした事もありました。

さすがに下手でも勉強して100通を超えたあたりから、
文章は上達してきます。

元々、私は才能がある方ではなかったので、ほぼ努力でカバーしているのですが、

貧乏な人やマーケティングセンスがない人は

『努力する』という言葉を知らんのではないか?と思ってしまいます。

小山さんみたいな最後まで読むような文章って
どうやって書いたらいいですか?

 

という人が多いですが、

残念ながらデブと同じでダイエットする気がない人に教えても無理です。

答えは『努力しろ』

これだけしか言いようがありません。

ちゃんと努力すればコピーライティングも出来るし、
起業しても成功します。

投資の世界だったら最初に努力して学び、自分なりに検証をやり続ける。

これがいやならお金持ちになるのは無理です。

 

『努力不要という言葉』にたどり着いた先は、

お腹に電流を当てて痩せるアレ系をドン〇ーホーテで購入し、

普段ガチムキ トレーニングをしてるモデルのパッケージ眺めながら、

自分はごろ寝しながら、本気で痩せられると夢を描いてるデブと同じ状況と気づきましょう。

※当たり前ですがモデルになってる人はみんな必死でトレーニングしてます※

さらに問題なのが、夢を描くデブほど『やたら意識が高い系のデブ』が多い現実

努力は一切しないのに、コンビニで”脂肪の吸収を抑える”と書いた飲料に弱いのもこの分類です。

 

昔から言われてるだろぉおおおおがーーー!

デブには運動と食事!後はしっかり寝る事!以上!

努力しろ(笑)

 

なので、現実的な話をさせてもらいますが、

お金持ちになりたいなら、単純に「努力」すればいいだけです。

 

努力の根源は勉強にあります。

お金を増やしたいなら、少なくともお金の勉強くらいはした方いいですし、

老後の心配だの、年金が貰えないだの言ってる人もいますが、そしたらiDeCoでもやってればいい。

 

でも何も勉強しませんし、iDeCoって何っていう人もいる始末です。

もはや衝撃でしかないのですが、大体お金がない人達の実情はこんなものです。

 

元々、性格が適当な私ですら、

投資をすすめられたら、最低限のリサーチはしますし、

新しい店舗を構えるなら、
デモグラフィックを元に、市場調査くらいはするのが当たり前なのですが、殆どの人達がしません。

中には『勘』や『気分』で場所を選ぶ人もいます。

市場が飽和しているコーチングだのカウンセラーをやる人も多く、

中には協会の言いなりになってる人も多くいたりします。

 

ビジネス自体が悪いのではなく、

単純にビジネスとしてお金をつくる上で、全く勉強しない事が問題です。

だから、『施策』の練り直しや、マーケティングの組みなおしをしていない(できない)人が多い

 

新しい投資の話や儲かりそうな話は次々にきますが、

仮想通貨がブームになった時でさえ、仮想通貨についてまともに勉強せず投資をした人達が何人いたか・・

 

バカです

 

こんな『ノリ』だけで起業してお金持ちになれるハズもありませんし、

こんな『適当』な感覚で投資してお金持ちになれるなら、私もそうします。

・・・が、何度もいうように現実はそんなに甘くありません。

 

その為、私はいまだにガンガン勉強代にお金を使ってます。

コンサルタントを雇う時も多いですし、
パートナーにお金を払って教えてもらう事も多いです。

セミナーや講座だってどんどん行きます。
(先月も600万円くらいつかってます)

勉強代をかけなかった月なんて一度もありませんし、
これはお金が無かった時からやっています。

サラリーマン時代やホームレス時代ですら、
少なくとも勉強だけはしよう!と思って、
勉強代にお金を使っていたくらいです。

だから自分の脳みそにお金を使うのって大切なんですよ。

『最強の資産は自分の脳みそ』

そんな訳で、あまりにも金融教育が足りてない人が多いですが、

どこでそんな勉強をしたらいいか分からない。

しっかり学びなおしたいけど、どうしたらいいか分からない。

そんな人が多いので、
ここで改めて『お金のトレーニング』を行います。

 

教える人は、私ともう1人

ロバートキヨサキの孫弟子と呼ばれる「エリック・チャン」です。

世界的なお金のエキスパートで、金融教育のプロであり、資産形成からビジネス、マーケティングから投資まで。

お金に関するあらゆる事を徹底的に教えるトレーニングを行います。

 

え~~どうせお金かかるんでしょ?

と思った方・・・

無料で行います

そんな人達にお金のレッスンをするために、

Facebookグループ『Money Crunch Discussion』というものを立ち上げました!

前回募集して、1日目で1000名を超え
1日で締め切った・・という、伝説のグループです。

現在、このFacebookグループは、お金に関する考え方をシェアし

『これからのお金の創り方に意識を向け、共に豊かになろう』をモットーに、

儲け話に飛びつくより、お金に対する知識やスキル経験を身に着ければ、一生プラスになる!

というコンセプトのもと運営を行っております。

参加者の構成ですが、アンケートをとったところ、

ビジネスを行ってる人
63.8%
 
投資を行っている人
56.9%
 
年収1000万円以上
15.4%(約6人に1人)

・・と、非常に意識の高い方々で構成されており、

グループコンテンツも

Facebookライブ
Zoom
リアルセミナー

をはじめ、どんどん充実していっています。

 

先ほど紹介した、金持ち父さん貧乏父さんグループの
『エリック・チャン』氏からも、

お金持ちになるための基本原則を
ZOOMセミナーで特別にシェアしてもらっております。

エリック・チャンの講義は500万円以上するものもあるので、
そういった事も踏まえて、グループの内容もどんどん充実しております。

▲世界トップの授業が無料で学べます▲

 

こちらのFacebookグループ『Money Crunch Discussion』ですが、

一旦募集を締め切っていたのですが・・・

参加が間に合わなかった!どうしても参加したい!という声や、再募集を願う声も多かったので、
改めて募集を再開する事が決定しました!

ただ、今は『完全紹介制』になっているため、

紹介者名が無いと、参加ができない感じになります。

グループ内でも言っているのですが、今結構意識が高く、収入も高い人や
資産構築が出来てる人も入ってきてるので、

そんな中で、不特定多数の人や、意識が低い人達に入ってもらうという事は今後せず、

基本的には、紹介でのみ繋がってる人達しか、参加できなくなります。

それを踏まえた上で、Facebookグループに入る場合はこちらから
参加申請を行ってください。
https://www.facebook.com/groups/moneycrunch/

facebookグループ申請時に、紹介者名は「小山」でお願いします。

理由と紹介者が書いてないと、容赦なく運営スタッフがブロックするので、2度と申請できなくなります(笑)

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

今メルマガに登録するとストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントをプレゼント!

小山竜央 オフィシャルマガジン


また、LINE友達も同時に募集しております↓
⇒ 小山竜央とLINE友達になる



私のセミナーに参加したい場合はこちらから。セミナー講師になりたい方はチェックしておいてください♪↓
⇒ 小山竜央 セミナー講師育成講座


小山のフェイスブックはこちら↓
⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)



小山のTwitterはこちら↓
⇒ 小山のTwitter 


関連記事

  1. お金・マネー

    困ったらお客様に聞け!

    私が考えている事のひとつに、 …

  2. お金・マネー

    【緊急速報】増刷が決定しました!!!

    あの『ハイパワーマーケティング』速報!です …

  3. お金・マネー

    毎月大型連休、毎月ボーナスがある会社

    2016/06/25 12:40毎月大型連休、毎月ボーナスがあ…

  4. コラム

    小山の本が売れている理由

    何故、小山さんの本は売れているのですか?について、結構メルマガ読者…

  5. お金・マネー

    メールアドレスだけで募金ができるサイト

    私の知り合いで、いつも面白いビジネ…

  6. アンケート

    お金の勉強が出来るFacebookグループ『Money Crunch Discussion』

    お金持ちになりたいけど、どうしたらなれるのか分…

公式メールマガジン

bcc1

LINE友達募集中

公式セミナー

セミナー

おすすめ記事一覧

カテゴリー

  1. アンケート

    出版記念特別ワークのご案内
  2. グルメ・食事

    ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の方と食について語り合う
  3. What's New -最近の活動・講演会情報-

    SKYGUILDで懇親会を行いました!
  4. コラム

    ジェフウォーカー緊急講演
  5. Information -ご報告-

    大阪で招待されたセミナー
PAGE TOP