Information -ご報告-

サンクチュアリ出版でセミナーを開催しました!

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに YouTubeをプロデュースしている小山です。

熱い情熱を持つ、サンクチュアリ出版で講演会をしてきました!

普段私が話さない、「過去の生い立ちから現在」までの話をしました。

いや~その時々を思い出すと、過去があり今がある。過去から学べる事は多い!

sa sa2

男性脳と女性脳を考えたとき、
女性は男性に対しても上書き保存、男性は過去を楽しむ生き物ということがよく言われています。

女性は前を向き続け、男性は過去を振り返って楽しむ生き物なのです。

なんて事を考えていたのですが、

今回サンクチュアリ出版でセミナーをやるにあたって、

久しぶりに過去をがっつり振り返り、その時何をしていたのか?何を考えていたのか?

を思い出した訳ですよ。

そこで気づいた事は、いいことも悪い事もあったけど、

その時その時で『真剣に目の前の事』に向き合ってたことです。

嫌な事もあったけど、その瞬間でもどうしたらいいか?常に模索していた。

そして思い起こせば、上手くいかないときっていうのは、

どうしても「無意識に手を抜いている」時だったんだよね。

本人は本気のつもりでも、頭の中では「もう無理」という言葉がよぎる。

そうすると苦しいから、自然とセーブしてしまう。

これが、人間の限界を決めてしまう。

ふと、当時の考え方、当時の自分を思い起こしてみて思いました。

人間に限界はない!限界を決めるのは自分だ!

というけど、本当の意味で理解できてる人は少ないし、私も時々忘れかける事がある。

人生は短い。今やってることも「あっという間にすぎていく」

だから・・・・

「今この時を一生懸命いきよう。明日のことを考えずに。」

もちろん、計画をつくったり、スケジュール
それに未来を作る事は大切。

でも、それだけだとブレーキをかけ続けてしまうときもある。

そんな時は、明日じゃなくて今最大のことをやる。

今できることをやっていきましょう!

それじゃあまたね~ちゃお♪

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

今メルマガに登録するとストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントをプレゼント!

小山竜央 オフィシャルマガジン


また、LINE友達も同時に募集しております↓
⇒ 小山竜央とLINE友達になる



私のセミナーに参加したい場合はこちらから。セミナー講師になりたい方はチェックしておいてください♪↓
⇒ 小山竜央 セミナー講師育成講座


小山のフェイスブックはこちら↓
⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)



小山のTwitterはこちら↓
⇒ 小山のTwitter 


関連記事

  1. What's New -最近の活動・講演会情報-

    金持ち父さんを呼ぼう企画×5000人セミナー

    約束の時間になりましたので、例の「ロバキヨとの食事会」について連…

  2. What's New -最近の活動・講演会情報-

    最高のビジネススクール!GBIに参加してきました!

    海外で人気の高いビジネススクール、ゲリラ・ビジネス・インセンティ…

  3. Information -ご報告-

    ZoomセミナーでAVを見てる人の話あれこれ(プライベートジェットの話もあるよ)

    先月は久しぶりにセミナーをやりました。やった結論ですが、純粋に…

  4. Information -ご報告-

    パートナーを募集します

    何度か連絡しているのでもうすでにご存知でしょうが弊社で…

  5. What's New -最近の活動・講演会情報-

    10000人イベントのスポンサーを行いました

    スピーチ日本一を決める、スピーチコンテスト開催!総勢会場には100…

  6. What's New -最近の活動・講演会情報-

    セミナーブートキャンプを公開しました

    提携先の株式会社ビジトリー様より、小山のセミナー手…

公式メールマガジン

bcc1

LINE友達募集中

公式セミナー

セミナー

おすすめ記事一覧

カテゴリー

  1. イタリアン

    オークランド第ニ位のレストラン『Clooney Restaurant』
  2. What's New -最近の活動・講演会情報-

    エクスペリエンスアカデミーを公開しました。
  3. グルメ・食事

    浅草寺で祈祷して天然とらフグを食べてきました!
  4. 新刊

    Information -ご報告-

    【ご報告】新刊出ます
  5. コラム

    ダメ社員は雇った方がよい
PAGE TOP