コタキナバル(マレーシア)

旅する時は、それなりにホテルにこだわろうと思った話

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに セミナープロデュースをしている小山です。

今回、一緒に旅を行った矢島さんの泊まってるホテル。

ネクサスリゾートにお邪魔しました。

 

せっかくなのでホテルにあるボルネオスパを受け、

気持ちよくなった所で、ブッフェでご飯を食べてきました!

 

私は普段、あまりホテルの事は気にしない為、

前回のハワイの時は、最高ランククラスのハレクラニ、カハラ。

 

今回は、適当なビジネスクラス。

と、落差が非常に激しいのですが、

 

やはりホテルは重要だと思った次第です(笑)

 

1 2 3 4 5 6 7 44 55

もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓

⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

blog

小山のメールマガジンは、こちらから登録してください↓

只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントを無料でプレゼントしています!

⇒ 小山竜央 オフィシャルメルマガ

小山のフェイスブックはこちら↓

⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

小山が開催する月間ワークセミナー情報、コンテンツに関してはこちら↓

クオリティの高い情報や内容を、毎月提供しています!

⇒ エクスペリエンスアカデミー

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントを無料でプレゼントしています!↓
⇒ 小山竜央 オフィシャルメルマガ





また、LINE友達も同時に募集しております↓
⇒ 小山竜央とLINE友達になる



私のセミナーに参加したい場合はこちらから。セミナー講師になりたい方はチェックしておいてください♪↓
⇒ 小山竜央 セミナー講師育成講座


現役で結果を出し続ける小山が毎月教える、マーケティング講座はこちら↓
⇒ 小山竜央 エクスペリエンスアカデミー


小山のフェイスブックはこちら↓
⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)


もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

関連記事

  1. 308

    Information -ご報告-

    感動・感謝感激雨あられ的な3日目

    セミナーズフェスタも感動・感謝感激の3日目に突入!泣いている人も沢…

  2. 110

    小山の日常

    国立科学博物館に行ってきました!

    国立科学博物館に行ってきました!大人になって博物館に行くと、新しい…

  3. s__27508739-1024x768

    Information -ご報告-

    初参加がどんどん増えていく、セミナー講師育成セミナー

    セミナー講師育成セミナーですが、月間で4回やっていますが毎回会場…

  4. dsc00887

    クイーンズタウン(ニュージーランド)

    シーフードで有名なブリタニアで山盛りシーフードを食べるの巻

    クイーンズタウンで地元民にシーフードといったらブリタニア!と何…

  5. 1114

    グルメ・食事

    Thai Lao Yehでイサーン料理を食べました!

    CABOCHON HOTEL内にある、Thai Lao Yehに行って…

  6. evernote-camera-roll-20160126-231709-3

    What's New -最近の活動・講演会情報-

    撮影してきました!

    2月6日-7日で開催するセミナーの為に、事前に動画撮影をしてきました!…

公式メールマガジン

bcc1

LINE友達募集中

公式セミナー

semii

おすすめ記事一覧

  1. 55
  2. ex
  3. dsc00477
  4. 312
  5. fotolia_73187521_subscription_monthly_m
  6. 514
  7. 20
  8. cc
  9. book
  10. evernote-camera-roll-20160126-231749

カテゴリー

  1. 14

    焼肉・しゃぶしゃぶ・ハンバーグ

    焼肉ゆうじに行ってきました!
  2. 119

    コタキナバル(マレーシア)

    コタキナバルでジャングルクルーズ!
  3. 213

    グルメ・食事

    ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の方と食について語り合う
  4. image

    Information -ご報告-

    新刊の見本がやってきました!
  5. 1

    コラム

    小山の本が売れている理由
PAGE TOP