コラム

行動派の人程、自分の力を過信しすぎの件

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに YouTubeをプロデュースしている小山です。

当たり前ですが、なんでも早く進めたいなら、アドバイザーをつけたほうがいいです・・が、殆どの人は、アドバイザー=管理されてる感がしてつけないんですよね。
 
そして自分のやり方、方法でやったら上手くいくと思ってしまう。
 
しかも起業家タイプって、勉強熱心な人が多いんで本やセミナーでどんどん学んで、自分の力を過信しがちです。
  
 
そして気づけば泥船を作ってしまってるケースが多いです。
 
例えば、一緒にチームでやっていて、右腕だった人が独立したりする。
何で独立するか?と言われたら、右腕は自分の力で成功すると確信して独立する訳ですが、大抵の場合最初は上手くいって、2年目、3年目にコケます。
 
なぜかというと、1年目っていうのは前のお客様や、今までつながってた人達で成り立つからです。
 
でも2年、3年目になると本質的に丸裸にされるので、小手先が通じなくなるんだよね。
 
そこで大切になってくるのが、アドバイザーをつける。という事ですが、そもそも誰かの下にいるのが嫌で独立したり、挑戦したくて独立してる訳ですから、アドバイザーなんてつけない訳です。
 
ここで覚えておいてほしいのは、しっかりとしたアドバイザーを付けるのと、アドバイスをたまに求めるのでは意味が全く違います。
 
※起業家タイプの人は、しっかりとしたアドバイザーを付けたがらない(まあ、縛られるのが嫌な人が多いので)
  
でもこの話をいくらしたところで、起業家タイプの人にはまるで響かないんですよね。
 
 
まあ、言いたいことは「自分で何でも出来ると思うのはいいけど、しっかりとアドバイザーもつけなさい。そしてアドバイザーの言葉に耳を傾けなさい」という事です。
 
自信や挑戦は大切だけど、それだけじゃ上手くいかないという教訓ですな。
 
もう何回もこの話してきたし、昔は一生懸命はなしをしていたけど、
 
最近は分からない人に教えるのが面倒くさくなってきて、どーでもよくなってきた感じです。
 
今更ながら伝えるのって難しいものですな┐(´~`)┌ 
 

追伸:
LINEで小山のマーケティング情報を公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓


⇒ 小山竜央とLINE友達になる


【直接アドバイスを貰いたい&具体的に勉強をしたい】
現在、小山のマーケティングコンサルや講演会は一般公開はしておらず、マーケティング特化型のオンラインサロンに入ってる方のみに行っております。こちらはマーケティング力を高めたいと考える意識の高い経営者のみ参加可能です

より具体的に直接アドバイスを求めてる方や、最新事例、勉強会に興味がある場合は、こちらからオンラインサロンの情報をご覧ください(要審査制)
小山のマーケティングオンラインサロンはこちら↓
⇒ 小山のマーケティングサロン


LINEじゃ言えない話はメルマガで配信しております

今メルマガに登録するとストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントをプレゼント!

小山竜央 オフィシャルマガジン


【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 小山のTwitter 

関連記事

  1. お金・マネー

    タスク(やる事リスト)をサクサク処理する方法

    多くの人は目標を作ったり、タスク(やる事リスト)を作りますが、その…

  2. コラム

    シーシャ店の経営会議から見えたシーシャ市場の問題

    昨日はシーシャ屋に関する経営会議でした1店…

  3. コラム

    突然思い立ったように瞑想したいと思ったときに使えるサイト

    私はあまり疲れないのですが、その理由としてはこまめに瞑想をいれているか…

  4. コラム

    お客様は神様ではない

    今日はコンサルやセミナー等をしている、いわゆる…

  5. コラム

    デブのおっちゃんがイケメンに見える日

    ヨーロッパはそのあたりに歩いている、デブのおっちゃんですら、ものすごく…

LINE友達募集中

公式メールマガジン

bcc1

おすすめ記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

  1. 小山の日常

    仏教を聞いて来ました
  2. ボラカイ島(フィリピン)

    アイランドスタッフのメンバーとダイビングをしてきました!
  3. コラム

    chatGPTつかえば儲かるツール作りたい放題じゃね?説
  4. 講演・セミナー(コラム)

    遅刻をする人はお客様ではない
  5. Information -ご報告-

    セミナーで結果を出す受け方とは?
PAGE TOP