コラム

飲みにいかないか?

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに YouTubeをプロデュースしている小山です。

 

夏まっしぐらですね~~~

ちなみに今月8月22日は、
私が初めてセミナービジネスについて語る、
『パブリックスピーキングの教科書』という本が出ます。


そして賢明なあなたであれば、すでにご存じだと思いますが、

出版を記念して、『秘密の晩餐会』
なるものをこっそり内緒で募集しておりました。


会場が40~50名くらいの小さい会場なので、
殆どシェアもしないでさらーと紹介しただけだったのですが、

さらーと募集したわりには、そこそこ人が集まっておりまして
そろそろ満席になりそうです。

ちなみに募集も後3日で締め切ります。

せっかくなので飲んでみたい!
という場合は、こちらから参加可能です。

1人で来るかたも多いので、
気楽に参加していただければと思います!

秘密の晩餐会に参加する:
https://camp-fire.jp/projects/view/87925


やっぱりこういうリアルでの情報共有って大切です。

前回コラムにも書いたように、

今後ネット上で目につく範囲で、
実践的なノウハウを出す事は減らしていく予定です。


理由としては、表面しか見ない人達が多々いるからです。

私は理論より、実践的な生の話が好きだし、
むしろそっちの話以外、まったく興味がないのですが、


残念なことに、多くの人が求めてるのは
なんとなく気持ちがいい理論だったりします。


なんとなく気持ちがいい理論というのは、

結果がでるかどうか分からないけど、
なんか結果がでそうな理論だったり、

周りの人がいってるからそうしよう~みたいな話だったりします。


つまり、馴れ合いが大半です。

例えば、ビジネスをしている人の大半は
Facebookを活用していると思いますが、

今後Facebook本社が今後マーケティング対策をしなければ、
Facebook自体も廃れていきます。


現にトラフィックの流れは、FacebookからYoutubeに流れており、
いずれ90%のアクセスは動画中心の時代が来ます。


・・・が、多分今Facebookでビジネスを教えている人の大半は、こういう事実もよく分かってないので、

「Facebook最強説」を唱え続けるのがオチです。


片や私が教えてる人達は、さっさとこの事実に気づいて

動画対策を行っています。


ちなみにFacebookで動画投稿や、動画対策をしても、
短期的には意味があっても長期的には今のところあまり意味はないです。

 

理由としてはFacebookで使う動画マーケティングは、教育用の動画が大半で、

私がここでいってる動画は、外部アクセスの流入を増やすものだからです。

 

むしろFacebookで動画を投稿して売上をつくる事ができるなら、早いうちから外部SNSに移し、
連携させて伸ばしていく事の方をお勧めします。

 


こういう事を書くと、Facebookを一方的にディスってるようですが、

Facebookもしばらくは、オンラインサロンを中心とした
コミュニティ型が伸びていくでしょうし、

アメリカのFacebookでも決済システムを導入していますから、
すぐにこの流れが来るわけではないです。

 

むしろコミュニティ中心で伸びていくと思います。

・・・が新規の導入という意味では、
絶対的にyoutubeは対策しないと話にならないです。


要は『準備しておこうね』という話です。


マーケティングは全て『実践』の中じゃないと分からないです。
例えば、『お客様の声』1つとって考えてみましょう。

このコラムはマーケティングメインで書いてる訳じゃないので、
ささっと書いていきますが、


お客様の声って、今3段階に分かれてるんですよ。

1段階目が、昔からあるあるのお客様の声。

一言でいうと「この〇〇という商品をつかって結果がでました!」みたいな
よく見かけるやつです。

この手のお客様の声は、まだ有効ですが、
最近は減ってきてます。

端的に話しますと、効果が落ちてきてます。
※ちなみに情報が疎い業界や地域密着型のビジネスでは、
まだ通じるところもあります。


2段階目が、ビフォアーアフター型です

ライザップがよく使ってるやつで、

デン、デデン!チャーララーという音楽と共に

デブが痩せるやつです。


効果的ですし、広告でも使いやすいですが、
アメリカでは規制の方向になってきてます。


そこで出てきたのが、3段階目。

3三人称視点型のお客様の声です。


ちょっとマーケティングをかじった人なら


一時期、クッションページを作って
「マジョリティアフィリエイト」みたいなやつがありました。

その進化版だと思ってください。

よくわからん。なんじゃそれって人は、

まあ、イベントレポート型のお客様の声です。

これでもピンとこない場合は、
一度私のところに学びにきてください(笑)


ちなみにマーケティングとは、

本質的な基礎の戦略部分と、
新しい時代にあった戦術を取り入れる2つに分かれます。


たまに、「新しいものばかりやっても意味ない」という人がいますが、

それは嘘。本人がただ勉強してないだけでしょう。

 

AIをビジネスに取り入れていない人なんて、
周りにいるの?というくらい、AIが当たり前の世の中で、

おそらくこの手の「新しいものに意味がない」系の人や、
その周りの人は、AIをいまだに取り入れていないと思われます。

もう笑えない状態ですが、気づかないのは本人とその周りだけです。


しかし、誤解がないように伝えておきますが
新しものばかり追うのも駄目です。


こうした新しいものは、基礎となる戦略を
正しく理解していないと使えないのですよ。

つまり「基礎」も重要だし、
テクニック部分も重要だという事です。

よくよく考えたら当たり前なんですが、

コンサルタントや先生と呼ばれる人の大半が、
こういう当たり前の話って中々しないで、
片方のいいところの話ばっかりしますからね。

こうしてみてみると、マーケティングは
実践でやっていて、実践者同士じゃないと学べるものはありません。


実践でやっていない人の発言は、
ものの見事に的外れな発言が多かったりします。

それはFacebookのコメントを見てても分かりますね。

 

そんな訳で、

今後の自分の方向性としては、
より実践の中でつちかった内容をシェアしていく方向です。


今のところシェアする場所としては、
リアルでの場所が多くなると思います。

先ほどご紹介した秘密の晩餐会での飲み会もそうですし、

ほぼプライベートでやってるオンラインサロンとか。ですね。

 

ちなみにオンラインサロンは全くお金を稼ぐ気もなく、
ほぼプライベートで面白い感じでやってますので、

気分次第で受付を締め切ります(笑)

 

小山のプライベートオンラインサロン:
https://idobata-salon.com/detail/index/id/179/


飲み会はこちらです。

秘密の晩餐会:(後3日で終了)
https://camp-fire.jp/projects/view/87925


という事でまた何か面白い情報があればシェアします

追伸:
LINEで小山のマーケティング情報を公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓


⇒ 小山竜央とLINE友達になる


【直接アドバイスを貰いたい&具体的に勉強をしたい】
現在、小山のマーケティングコンサルや講演会は一般公開はしておらず、マーケティング特化型のオンラインサロンに入ってる方のみに行っております。こちらはマーケティング力を高めたいと考える意識の高い経営者のみ参加可能です

より具体的に直接アドバイスを求めてる方や、最新事例、勉強会に興味がある場合は、こちらからオンラインサロンの情報をご覧ください(要審査制)
小山のマーケティングオンラインサロンはこちら↓
⇒ 小山のマーケティングサロン


LINEじゃ言えない話はメルマガで配信しております

今メルマガに登録するとストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントをプレゼント!

小山竜央 オフィシャルマガジン


【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 小山のTwitter 

関連記事

  1. コラム

    EQが高い人の方が圧倒的にコンセプトを作る力が強い

    最近色んな企画やコンセプトを見てますが、…

  2. アンケート

    S1無事終わりました…と思いきや?

    5月13日~14日に行われた『S1』ジャパン・セミナー・コングレ…

  3. コラム

    ゴリラを救ってみようの会

    あまり知られていないことですが、私はWWFの会員だったりします。…

  4. コラム

    ジェフウォーカー緊急講演

    先日、大阪がヤバイ!という記事を書いた翌日に、大阪で大きな地震が…

  5. アンケート

    社歌は作った方がいい

    気づけば夏っすね! 昨日はKADOKAWAに行っ…

LINE友達募集中

公式メールマガジン

bcc1

おすすめ記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

  1. お金・マネー

    高級時計や高級車より買ったほうがよいもの
  2. セミナー・講義

    東京ビッグサイトはプレゼント祭りとなっております
  3. アンケート

    マーケティング伝承の件
  4. コラム

    YouTubeの収益が激減している件について
  5. コラム

    スタッフをクビにしました
PAGE TOP