コラム

海外講師を使ったビジネスは儲かるのか?

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに YouTubeをプロデュースしている小山です。

 

海外では有名講師によるセミナーが非常に盛んです。

私も有名な講師を日本に招くこともありますし、

海外セミナーに連れて行ったりすることもあります。

過去にもスティーブン・ウォズニアック(Apple創業)、

メイ・マスク(イーロンマスクのお母さま)等を呼んだりもしました。

他にもありますが、まあ定期的にテック系に関係ある方を招いたり、一緒に海外のセミナーに参加をしたりしてます。

ちなみにこういうプロモーションをやりたいと思ってるなら簡単です。

お金と労力があればできますので、やりたい人は個人的にメッセージください(笑)

世界のトップレベルの人と、

「講演会」というビジネスを通じて仲良くなれる訳です。

ブランディング的にもプラスになる事も多く、メディアも絡めていけると。

これは凄い事ですよ!

・・ただ、今日はそんな話の裏側をしたいと思いますので、

もしやってみたいという方がいましたら、

一度最後まで読んでいただければと思います。

または興味が無い方も、なんとなくそういう世界なんだーと知る事ができるかと。

 

つまり、海外で著名な人を使った講演会は、

ビジネスとしてはどうか?という話が今回のテーマです。

さてこういう海外で著名な講師を使ってビジネスをするには、基本的に

①「海外で主催しているセミナーに日本人を連れていく」

②「日本に招いてセミナーを主催する」

という2つの選択肢が基本です。

他にも、海外で日本人を連れて行って主催したり、現地の人を集めて主催するという方法もありますが、

まあ今回はあくまで日本で日本人相手にプロモーションをする前提で、

日本人を海外に連れていくか、相手に日本に来てもらうか。

という話でいきますね。

結論から言いますと、海外セミナーは労力の割にあまり儲かりません。

これやった事がある人は分かると思いますし、

やった事がある人達と話をしていても、儲からんね~という話を常にしています。

こんなビジネスをするなら他の方が効率が良いと。

なので私は今だとビジネスとしては、ほぼ選択肢に入れてません。

まず

①「海外で主催しているセミナーに日本人を連れていく」

こちらで考えると、海外でのセミナーチケット代は驚く程安いという事に気づくでしょう。

実際海外でのセミナーチケット代だけを見てみると、結構安いんですよね。

それこそ数万程度で買えるみたいな。

しかし、残念な事にこれだけ見てビジネスを始めると痛い目にあいまして、

ここに「通訳コスト」というのが乗っかってきます。

これが最も高く、まず海外のセミナーは数日以上ある事も珍しくなく、

数日間「同時通訳」できるレベルで、且つ専門用語などを理解した通訳者となると、結構な金額がかかります。

通訳費用はコストを下げる事もできますが、

海外のセミナーを何度も通訳しているプロですら、

分からない単語等が出てくる訳です。

まあ私のセミナーを受けた事がある人は分かるとおもいますが、めちゃくちゃ専門用語がでるんですよね。

これを海外の人が通訳するとなると、かなり大変だと思います。

実際、海外で私が登壇した時、海外の通訳者が現地の言葉で同時通訳していたのですが、

殆ど通訳できてなかったのが分かりました。

このように、専門用語や専門的なセミナーを、

その辺りの通訳会社や英語ペラペラです~みたいな人に頼む事自体が難しいので、

海外セミナーに特化した人に頼むのが通例ですし、

海外セミナー会社からも指定されることも多いです。

 

参加者がそんなことはどうでもいい。

何となくニュアンスが一部分かればいいんだ。という感覚でいくなら、

その辺りの英語がしゃべれまーすみたいな人を連れて行けばいいと思いますが、やっぱり差はありますよね。

しかも、セミナーに慣れて専門用語がバッチバチに分かってますという人を連れて行っても、

やはり完全な同時通訳というのは出来ません。

この位、言葉の壁は重たいです。

また、通訳者も1人ではなく何人も交代で使います。

セミナーは1日10時間近くあるためです。

通訳をやった事がある人は分かるとおもいますが、

10時間に渡って専門用語だらけの言葉を、同時通訳し続ける辛さ。

これは分からない人には分からないです。

英語が喋れる人を連れて行けば何とかなると言ってる人もいますが、何ともなりません。

特にセミナー講師という視点でみると、

ちょっとした言葉の意味を間違えると、全体の意味が変わってくる事は多々あります。

海外でセミナーを受講するという事は、

この言葉の壁をどう乗り越えるかというシビアな問題があるので、本当に難しい訳です。

日本人が全員英語ペラペラ&ビジネス英語も出来るレベルだったら一切不要で、

いかにコストが下がるのか・・という事は常々考えてますが、

日本の教育を見てる限り、そんな未来はこなそうですね。

 

さらに言うと通訳費用は通訳者だけの話ではありません

ここに通訳機器、通訳ブース、テキストの翻訳、

さらに通訳者の宿泊費、交通費なども乗っかってきます。

通訳者だけではなく、海外でのアテンド役のスタッフなども都度必要になります。

となりますと、トータルで考えると

数万のチケットを数十万以上で売っても

損益分岐点が20~30名前後(販売するチケット価格による)になるという感じです。

なので、めちゃくちゃ沢山日本人を海外に連れていけるなら利益がでるけど、連れていけないなら難しい。

というのが本音になります。

または完全に数人程度で趣味でいく。のどちらかですね

 

■お客様の満足度をあげるためにやるべき事

そして、連れていくお客様の満足度を考えると

ただ海外に日本人をつれていくだけでなく、日本人だけの特典をやってもらうように交渉をする。

という事も必要になります。

要はいくらコストがかかるからといって、ただ料金を高く売ればいいという話ではなく、

やはりせっかく海外にいくのだから、

もうちょっと参加者がプラスになるように、相手のセミナー会社に交渉する訳です。

そういう意味では日本人は過去のイメージからか、

特別オファーを作ってくれやすいので、

個別で講師を紹介してくれたり、レセプションパーティをいれらたり、

運営会社の偉い人と合わせてくれたりと、色々しやすいです。

またこれは参加者にもメリットがあるので喜ばれる傾向にあります。

ただ、こういうやりとりも含めて、

連日連夜ひたすらやり取りを海外とやる。という人的コストはかかる事を忘れてはいけません。

海外との交渉はプレッシャーもかけられるので、なんとなく開催します~ではなく、

MUSTで何でも進めていかないといけない訳です。

そんな訳で仮に原価5万円くらいのチケットを30万程で売ったとしても、

20名~30名だと大して儲からないか、場合によっては赤字になりますので、

それを考慮した上で価格を上げるか、人数を大量につれていけるなら良いと思います。

※通訳コストが一番のっかってくるので、人数がいればいる程コストが下がる

■日本に連れてくる場合はどうか?

続いて、

②「日本に招いてセミナーを主催する」

に関してですが、この時にかかるメインコストは

「講師の登壇料金」

「講師の交通費」

「会場代」

の3つになります。

講師の登壇料金ですが、海外の人達の相場は大体300万~2500万

レンジでいうと1800万前後です。

飛行機はビジネスクラス以上で、

なんだったらスタッフや家族も一緒につれていくから一緒に払ってくれ。

みたいな事を言われますので、飛行機代だけで結構な額になります。

ここには記載してませんが、

講師によってはかなりシビアな対応を求めてくるところもありますので、

空港から会場までのアテンドする専門スタッフをつけ、
コミュニケーションをとにかく積極的にとる必要があります。

つまり、外国人専用の招聘スタッフが必要になる訳です。

ここがミスると日本のイメージも悪くなります。

会場はその辺りの会議室は当然NGで、ホテルでの宴会場やしっかりとした会場になりますが、

会場そのものよりも、ステージ設備の方にお金かかります。

1000人以上の規模になってくると、会場代とステージだけで数千万単位かかる場合もあるという感覚です。

逆に小規模だとこの辺りは一気にコストが下げられます。

ここはどうするかが鍵ですね。

最近はzoomでもOKみたいな講師も増えてきたので、

zoomでやってしまえば一切かかりませんが、

プロモーションとして考えると微妙です。

ちなみに通訳代ですが、主催者がどうしたいかでコストがめちゃくちゃ変わります。

逐次通訳と同時通訳ではそれこそコストが死ぬほど変わりますので、

私は逐次通訳を選択する事が多いです。

※同時通訳だと同時通訳機器やブース設置代がべらぼうにかかりますが、逐次通訳だとマイク一本(笑)

ただ日本に海外講師を来日させる場合に関しては、

海外に日本人をつれていくよりも「ビジネスとしては成り立つ」傾向にあります。

というのも、自分が主催者としてできるので

スポンサー代を集めたり、バックエンド商品を売ったり、

メディアを絡めてPRに使ったりと色々見える事があるからです。

海外に連れていくより、日本で開催する方が重たいのですが、そ

れでもビジネスとして考えると日本で開催した方が見えるという感じですね。

重要なのは「どちらも人をめちゃくちゃ集めないと成り立たない」という事です。

ここ非常に重要です。

人が集められないなら、はっきりいって全く儲かりませんし、ヘトヘトになるまで苦労します。

 

■そもそも何のためにやるのか?

それでもやってる人が多いのは、海外講師の話すスピーカーのレベルが高かったり、内容が面白かったり

またPRやブランディングに繋がったりと、

やった事によるメリットがあるからです。

 

ビジネスとしてはあまり儲からないけど、やってて楽しいからやる。

という人もいるくらいです。

なので、そういう風に割り切れるならよいですね。

 

私もここまで言ってますが、

一度もやった事がない人に対しては、

「人生1回くらいはやってみたら?」とアドバイスをします。

苦労は死ぬほどしますが、面白いですしお手伝いできると思います。

まあ興味があればメッセージしてください。

 

■一応利益を上げるパターンとして・・・

ここまで書いて、海外の講師を使ったビジネスは、ビジネスモデルとしては中々成り立たない。

という話をしましたが、しっかり利益を出していくとなると

一応いくつかのモデルが存在します。

ざっというと今まで書いた

「数を集める」

「スポンサーを集める」

という方法。王道ですが人が集められたりスポンサーを集められるなら、正直成り立ちますね。

たまにやるのが「イベント製作委員会」という製作委員会モデルもやるのですが、

これを書くとなんか違うマーケと仕掛け方の話になるので別の機会で・・・

結論からいうと、

”人が集められる”という力を持った人は

海外の講師を招くビジネスにチャレンジするのはおおいにあり。

でも、そうじゃなかったとしたら?

という訳で他の方法としては

「ライセンス契約」

「無名な講師を使う」

というやり方があります。後者は邪道ですがw

「ライセンス契約」とは直接講師側とビジネスをする交渉をしまして、

相手のコンテンツの販売などを行っていく事です。

正直これはプロモーション力がある人でしたら、かなりの売上が見込めます。

著名な人の名前を使って、ガンガン商品を作って売ったり

相手の商品をそのまま販売したり。と出来る訳ですので、どうせイベントをやるなら、

そのままライセンス契約してビジネスとして今後もやっていく。

というスタンスでしたらありですね。

ちなみにハードルはそこまで高くなく、

イベントはあくまできっかけで、そのあとにビジネスに繋がる事は多いです。

 

そして邪道と書いた「無名な講師を使う」ですが、

日本人って基本アホなので外国人というだけで、

凄い人って思われるんですよね。

どこかの外国人で、何かしらプロフィールがにぎわってる人

(なんか知らないが、よくわからない海外の資格や、よくわからないが何となく実績がある人)

日本人は誰も知らないし、海外現地でもそんな人は知らん!みたいな「全くの無名」ですが、

外国人というだけで、日本人にはバカウケしますし、商品も売れる。

何だったら相手も無名なので色々交渉もしやすいです。

日本でプロモーションかけない?とかいうと、大体OKを貰えます。

ですので、単純なビジネスモデルだけを考えると、

日本でも海外でも無名な、訳の分からない人を

プロモーションする方がビジネスとしては成り立つ。

という感じです。

正直なところをいいますと、無名だけど、素晴らしいコンテンツや素晴らしい実績を持ってる人もいるので、

発掘する目とプロモーションする力さえあれば、私はおおいにアリだと思います。

という訳で、今回は海外講師を使ったビジネスモデルについて書いてみました。

参考まで。

追伸:
LINEで小山のマーケティング情報を公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓


⇒ 小山竜央とLINE友達になる


【直接アドバイスを貰いたい&具体的に勉強をしたい】
現在、小山のマーケティングコンサルや講演会は一般公開はしておらず、マーケティング特化型のオンラインサロンに入ってる方のみに行っております。こちらはマーケティング力を高めたいと考える意識の高い経営者のみ参加可能です

より具体的に直接アドバイスを求めてる方や、最新事例、勉強会に興味がある場合は、こちらからオンラインサロンの情報をご覧ください(要審査制)
小山のマーケティングオンラインサロンはこちら↓
⇒ 小山のマーケティングサロン


LINEじゃ言えない話はメルマガで配信しております

今メルマガに登録するとストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントをプレゼント!

小山竜央 オフィシャルマガジン


【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 小山のTwitter 

関連記事

  1. お金・マネー

    助けて!絶版の危機!

    昨日から発売した、世界No1マーケッター ジェイ・エイブラハ…

  2. コラム

    ルミネの地下で学んだ事

    ルミネで常に人が立ち並んでいる 「ザクザク」という…

  3. コラム

    YouTubeが衰退するときに考える事。SNSが衰退した時に考える話

    YouTubeがガンガン伸びて売上も上がって、…

  4. コラム

    ライバルを一発で叩き潰すコンセプトの作り方

    まずいきなり結論からヒットコンテンツを生む…

  5. アンケート

    集客できない人に共通する 『集まらない三原則』の話

    前回紹介した、メールアドレスだけで 募金できるサイトがかなり…

  6. コラム

    成功者になる時間の使い方

    ビジネスをしている人でも、この人は「限界」があるな~と思う瞬間がありま…

LINE友達募集中

公式メールマガジン

bcc1

おすすめ記事一覧

  1. 現金 日本円

カテゴリー

アーカイブ

  1. お金・マネー

    オーナーになりたい?
  2. 小山の日常

    TAIKO-LABで和太鼓をやってきました!
  3. コラム

    同業者ばかり意識してどーすんの
  4. 小山の日常

    パラオに到着しました!!!
  5. コラム

    ダメ社員は雇った方がよい
PAGE TOP