コラム

Facebookライブで良い情報をシェアしてみた感想

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに セミナープロデュースをしている小山です。

昨日久しぶりにFacebookライブを行いました。

内容としてはセミナー業界の今後の手法や
流れ等を話して、質問があれば回答しました。


で、ざっくりやってみた感想ですが、

結論からいうとFacebookライブはやめようと思いました(笑)


理由は単純で、誰でも見れるという事は、
リテラシーが低い層が混ざってるという事と、

いつでも出入りできるので、
話を真面目に聞く気がない人が多いと感じた訳です。

もはやYoutubeライブと同じような感覚で、
かなりライト層も沢山いて、ちょっと自分の方向性とは違うなあと思いました。

今後はやるとしてもzoomを使って、
セミナー中は退室禁止で、聞ける人はごく一部か

オンラインサロン内のメンバーに対して・・という感じじゃないと、
もうネットでのセミナーはやらないですね。


まあ、昨日はテストで制限かけずに
誰でも聞ける状態で、情報シェアしていたのですが、

やっぱり興味がある人にだけ、がっつり教えて
本当に結果を上げたい人にだけ、協力していく。

という感じの方があってる気がします。


できれば既に月に100~1000万円をセミナーで
売り上げてる人向けの話をしたいのですが、

そういう人はあまり皆の前では質問してこないので、
なおさら制限をしたほうがいいと思いました。

 

さらに最近は、情報も表の情報と裏の情報もありますし、

裏の情報を教えまくると、

表面しか見ていない薄っぺらい層は
「なんてこというんだ!」みたいな事も言いかねません。

 


例えば、この世界は『政治力』や『コネ』がある方が楽だよ~

という話をすると、


いやいや、そうじゃない。

コネとかじゃなくて人のつながりが大切

みたいな感じで反論されます。

 

『人を集める方法』について話をすると、

いやいや、そうじゃない。


人を集めるより、リピーターが大切だ。
前の前のお客様に結果を出させる事が大切だ。

みたいな感じで反論されます。

 

私から言わせれば、どっちも大切でしょ。バカなの?

って話なんですが、片方の世界しか知らないと
片方の世界での見方でしか会話ができなくなるので、

非常に勿体ないと思った次第です。

 

沢山一気に人を集めてセミナーを行うと、

そうじゃない、日々コツコツ集める方が重要だ!と反論する人もいますが、

そんなの当たり前です(苦笑)

 

そもそも大規模セミナーはプロモーションの一環として行うのが重要で、

本質的な売り上げは日々の行動によって生まれます。

 

こういう表面的なところしか見てないで、マーケティングが分かってない人も多く、

多分、プロモーションとかPRってよくわかってないんだろうな。

 

って人が個人コンサルティングしてたりするのも、

まあセミナー業界というひとくくりになってしまってるので、非常に残念なのですが、

 

ここでお伝えしたいのは、

〇〇が正しい、〇〇が間違えてる。

という意見に関しては、

 

その人が過去にやってきた経験によって変わってくるので、

実際にその人の『現在進行形での結果』をみれば、
大体わかります。

 

大体、今私がやってるマーケティングに関しては、

表で見えてる範囲で言うと、殆ど一般の人には見えないように設定されてます。


何だったら内部で働いているスタッフですら、分かってない、
見えてないマーケティングも多々あります(笑)


その為、私がいつもスタッフに言ってるのは

「答えあわせをしましょう」と言っています。


スタッフが自分からマーケティングを考えたり
方法論を考える事はうれしいことですが、

ズレてる事もかなりあるので、
それを定期的に社長が答え合わせをするのです。


ちなみに、社長本人がマーケティングが分かってる事が前提で

年商1億未満と、1億以上、10億以上、100億以上では
使うマーケティング手法が異なります。

また、ここで言ってるのはいわゆる
自分が好きなビジネスを行う、
スモールビジネスの事なので、

資金調達をしてスタートアップを行う場合は
マーケティングの仕方が変わります。


どちらにしても、ビジネスをやるなら、

永遠とマーケティングを学び続けないといけない。

 

この事が分かってる人は、セミナーの使い方が変わってきます。


どう変わるかというと

セミナーにいく理由が「答え合わせ」になるのです。


もちろん、新しい情報を取得する。
という名目でいく場合もあるでしょうが、

それと同時に、今自分がやっている事と
何がズレてるか?を確認する場として使ってると、

どんどん成長速度が高くなります。


「答え合わせ」を前提にすると、実践する事が前提になりますので、

行動しない。という意味不明なマインドセットを持つ人はいなくなります。


行動しない人はいわゆる「答えを先に聞いて行動をする人」ですが、

結果を出す人は「実践して、あってるかどうかを常に確認する」人です。


たまに、行動して失敗したらどうするんですか?

と言われますが、そんな人にアドバイスを。


『失敗してもいいんじゃね?』

失敗というのは、実践した結果にすぎません。
重要なのは、失敗をした後に、
間違いが何だったのか?「答え合わせ」をする事です。

答え合わせの結果、間違いが理解できれば、

次は間違いを直して再チャレンジしたくなりますし、
ぐんぐん成長します。


という訳で、今後私は、
誰でもかれでも教えることをやめて、

ごく限られた人にだけシェアしようと思った次第です。

 

ところで、どこでシェアされるんです?という話ですが、

こんな所でシェアされます

 

1.パーティに参加する

残り募集あと6日しかないんですが、
『小山竜央の秘密の晩餐会』 2018年9月21日(19時~21時)
を開催します(笑)

多分30名くらいの少人数で、
ざっくばらんに話をするので、FBライブで話をしなかった事を話します。


この日は結構えぐい事をシェアします。


http://tatsu-blog.jp/?p=3346

 

 

2.オンラインサロンに入会する

定期的に飲んだりシェアします。

価格は破格の1000円です(笑)


儲ける気、全くありません。


完全に価値と価格が見合ってない
素敵な場所になっております。


楽しく定期的に情報や交流を持ちたい人向け。

小山竜央のオンラインはこちら

https://idobata-salon.com/detail/index/id/179/

 

 

3.弟子になる

一番弟子になる手っ取り早い方法はスタッフです。

お金も貰えて成長もします(笑)

 

はっきりいって一番力が身に付きますが、
私と直接答え合わせをしないと、あまり意味がないです。

過去にも直接答え合わせをしたスタッフは
めきめき力がつきましたが、

そうじゃないスタッフは常にズレてる感してますね。


修行だと割り切ってる場合はいいでしょう。

ぐいぐい来るスタッフは面白いですね。

弟子になる

http://tatsu-blog.jp/?p=3303

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

今メルマガに登録するとストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントをプレゼント!

小山竜央 オフィシャルマガジン


また、LINE友達も同時に募集しております↓
⇒ 小山竜央とLINE友達になる



私のセミナーに参加したい場合はこちらから。セミナー講師になりたい方はチェックしておいてください♪↓
⇒ 小山竜央 セミナー講師育成講座


小山のフェイスブックはこちら↓
⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)



小山のTwitterはこちら↓
⇒ 小山のTwitter 


関連記事

  1. コラム

    ボランティアや寄付って意味あるの?という疑問に本当の事を答えます

    ボランティアや、他人の為に寄付をすることを推奨して…

  2. コラム

    夏までにこれを仕込んでください

    ここ数日間、私の二大テーマになって…

  3. お金・マネー

    毎月大型連休、毎月ボーナスがある会社

    2016/06/25 12:40毎月大型連休、毎月ボーナスがあ…

  4. コラム

    全力でやるのが苦手な人が増えている理由

    From 中国茶テイスティング中の润琦缘よ…

  5. お金・マネー

    フィリピンで永住権をとりました。

    実は先週、フィリピンに行って開発地区への投資と 不動産の手続…

  6. コラム

    行動派の人程、自分の力を過信しすぎの件

    当たり前ですが、なんでも早く進めたいなら、アドバイザーをつけたほ…

公式メールマガジン

bcc1

LINE友達募集中

公式セミナー

semii

おすすめ記事一覧

  1. 現金 日本円

カテゴリー

  1. What's New -最近の活動・講演会情報-

    10000人の法則
  2. Information -ご報告-

    【1月】エクスペリエンスアカデミー定例セミナー
  3. 旅ログ-ハワイ(アメリカ合衆国)

    ハワイの現地料理でカルチャーショック!
  4. お金・マネー

    今年はオンラインサロンが流行ります
  5. ビジネス・起業

    大人の中二病
PAGE TOP