講演・セミナー(コラム)

遅刻をする人はお客様ではない

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに セミナープロデュースをしている小山です。

私は過去にも今にも、様々なセミナーをプロデュースしています。

 

そんな中で、あらゆるセミナーを成功させまくっているのですが、

その理由として、遅刻をしてきた人に対して「お客様扱い」しないというルールがあります。

 

多くのセミナー受講者が勘違いしているのが、

セミナーをTVや映画を見に来ている感覚で受講するという事です。

 

3iga

セミナーはライブと同じなので、その場で質問をしたり、

お客様同士の交流や、セミナーでしか体験できない事が多々あります。

 

つまり、お客様は「傍観者」ではなく

「参加者」であるべきなんです。

 

そこで、うちのセミナーは「事前に申請がある方以外、遅刻厳禁」なんです。

事前に申請があればOKという時点で、これでもまだゆるい方です。
お客様の中には、平気な顔して30分以上遅刻してきて、

言い訳をしながら、今から入室させてくれ。いいだろ?

たいな事を言う人がいます。

 

とても大人の行動とは思えません。もはやネタなのかな?と思ってしまいます。

 

そこで、前もってルールにも明記しているのですが、帰っていただきます。

実はこういうお客様の90%は一般席や無料招待なんです(笑)

もしくは非常に安い価格帯のセミナーだと起こりやすいです。

 

高額のセミナーでもたまにありますが、とにかく遅刻は一定の割合で起きます。

もちろん、一般席や無料招待の席でも、真剣に受講されてる方はいますよ。

 

しかし、遅刻をする人の大半は、

そもそもの話「自分の事をお客様扱い」

してほしい方なのです。

この時点で、受講者ではなくなってしまいます。

 

そして、多くのセミナー講師は、遅刻してきた人を、

受講者ではなく「お客様」として扱ってしまうから上手くいかなくなるのです。

 

いいですか?よく覚えておいてください。

遅刻する人は「お客様ではない」のです。

 

650

本当、常識外れもいいところです。

ずばりデーターとして公開すると

遅刻する人の共通点として、

 

・お金を払わない

・会場の雰囲気をぶち壊す

・パートナーと一緒に参加する場合は、パートナーも遅刻

・事前に申請を出さない

・ルールを読まない

・自己中心的

 

といった形です。
そしてこの手の方々がバックエンドを購入する確立は、相当低いです。

通常のお客様と比較した時、その割合は10%未満まで下がります。

通常のお客様が購入する割合の10%未満なので、ほぼ売り上げはないと考えてよいです。
問題は、そのお客様によって、引き起こされるトラブルの方です。

 

さらに雰囲気を壊し、その後のセミナー運営に対して

コンプライアンス自体が低下する恐れもあり、

遅刻をしてきた方を許してしまう事で、

全体的なセミナーでの損失額の方が高くなります。

もはやタバコみたいなものです(笑)百害あって一理なし。

 

taba

 

ちなみに私は以前、遅刻してもセミナーに参加してくれるなら

お客様は神様だ!と考えていた時期があったのですが、

これは完全に間違いでした。

 
なぜなら、遅刻を許してしまうと、

セミナーという概念を考えた時に、1年後、2年後の集客に影響するからです。
セミナー参加者の多くは、真剣に受講したいと考えています。

遅刻はもちろんしないし、学びたい!という欲求で積極的に参加しているんです。

中には地方から、わざわざ来る人もいる。
遅刻を許すっていうのは、そういうお客様に対しても悪い影響を与えます。

へらへらと空気感が違うので、真剣に受けてる人の意識を阻害してしまいます。
つまり、遅刻してきた人はお客様でも何でもないんです。

害以外の何者でもありません。

 

それでもうちは「ゆるい」です。

なぜかというと、当日遅刻してきた人に対しても連絡があればOKだからです。
勿論、道に迷う人もいるのも分かってます。

何かしら仕事で遅れる事もあるでしょう。

mayou

でもね、
遅刻はよくないなーって思ってるまとまな大人は、『全員』ちゃんと申請してきますよ。

 

当日でもちゃんと連絡してきます。

しっかりと、申し訳ありませんと謝罪してくる訳です。

そういうお客様は遅刻してきても、うちはOKして入室させるんです。

どうです?ゆるくないですか?(笑)

 

学校にもルールがあるように、社会にもルールがある。

そしてセミナーは、お客様とセミナー講師が

一緒に体験し、学び共に成長していく場所です。

 

まして他のしっかり受講しているお客様から見れば、

遅刻して平気な顔して、場の雰囲気を壊す人がいたら、嫌ですよね?

 

だから私は「連絡なく遅刻をしてくる人」をバッサリ切り捨てます。

 

嫌なら

1.遅刻しない

2.遅刻しそうなら連絡する

という大人として当たり前の行動をすればいいだけです。

 

さらに事前にこの事は伝えてるのです。

そのルールすらも見てないので、手に負えないですよね。

 

中にはまとまな方もいて、事前のルールを出すタイミングや

ケースによって見れなかった方もいます。

 

そんな方は、遅刻した後、当日申し訳ありません。といって謝ってきます。

ケースによっては入室を許可することもあります。

本当にゆるいなーと思うわけです。

 

面白いのが、無断で連絡なく遅刻をし、怒る方です。

 

パターンとしては遅刻をしてきた方の内、怒りのパターンとして

15分以内の遅刻20%が怒ります。

15分~30分以内の遅刻をしてきた人の内30%が怒ります。

30分以上の遅刻をしてきた人は50%が怒ります。

 

zi

面白いくらい同じパターンです。

なぜなら、遅刻をしてきた人は時間がたてばたつ程、

「投資した時間、労力を回収しないともったいない」という

「サンクコスト効果」という心理が働くからです。

 

「せっかくここまで来たのに入れないなんてどういう事だ!」と怒り出す。

つまり、

毎回怒る人は、ほぼ「自分の事しか考えていません」

だから遅刻は平気でする。

セミナーの態度は悪い。という悪いパターンができあがります。

 

そこで、重要なのは「ルール」をつくり「事前に明記しておく」事です。

「事前に伝えておく」だけでは、聞いてません。と言ってくるので、

最初からHPや申し込みフォーム後の連絡に、記載しておく事をお勧めします。

mai

セミナーを開催する方は、必ずこの「当たり前のルール」を作ってください。

これだけで、セミナーのクオリティがよくなり、

しっかりとしたビジネスモデルが構築されていき、

あなたの元に、よいお客様だけがあつまり、さらに参加者たちも大満足で、いい出会いが生まれる。

そんなセミナーができます。

 

セミナーで大切なのは『環境』です。

『環境』を作るには、『ルール』が大切です。

 

私はそういった、『よい環境』を作るセミナーを毎回目指しています。

だから私のセミナーは定評があるんです。
時として、お客様をお客様扱いしない。

そんなルールもある事を覚えておいてください。

 

それじゃあまたね~ちゃお♪

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

今メルマガに登録するとストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントをプレゼント!

小山竜央 オフィシャルマガジン


また、LINE友達も同時に募集しております↓
⇒ 小山竜央とLINE友達になる



私のセミナーに参加したい場合はこちらから。セミナー講師になりたい方はチェックしておいてください♪↓
⇒ 小山竜央 セミナー講師育成講座


現役で結果を出し続ける小山が毎月教える、マーケティング講座はこちら↓
⇒ 小山竜央 エクスペリエンスアカデミー


小山のフェイスブックはこちら↓
⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)


もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

関連記事

  1. 333

    コラム

    コラボレーションマーケティング論

    昨日紹介した、世界最高の動画マーケティングの祭典、 『国際動…

  2. suma

    お金・マネー

    笑顔測定器「スマイルスキャン」をトレーニングに活用しよう!

    昨日、今日と2日間に渡って、 去年、私がキリマンジャロに行く…

  3. d

    Information -ご報告-

    ロバートキヨサキ来日イベントのスポンサーを募集します

    結論から言いますが、 今回のメールでは以下の事を…

  4. %e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3

    コラム

    2016年は「動画マーケティング」の時代

    小山です、この度会社を移転しました!フェイスブックには…

  5. 2

    コラム

    アニョハセヨ!レジュメができたセヨ!

    小山です、 「社長~5月10日のセミナー準備が大…

  6. cc3

    コラム

    セミナーをやらない人の気持ちが分からない

    いや~今回のニックブイチチさんのセミナーで あれだけ言ったん…

公式メールマガジン

bcc1

LINE友達募集中

公式セミナー

semii

おすすめ記事一覧

  1. kec
  2. 650
  3. 308
  4. 10917660_852114771511742_855607183_n
  5. 31
  6. 54
  7. Fotolia_104444256_Subscription_Monthly_M
  8. IMG_1861
  9. r
  10. 119

カテゴリー

  1. %ef%bc%94

    ビジネス・起業

    フランソワ1世から学ぶ、ビジネス成功の秘訣
  2. otoku

    Information -ご報告-

    ボランティアスタッフを募集します。
  3. sc

    コラム

    過去の成功体験は必ずしも良いものではない?
  4. School Child in Glasses Thumbs Up, Kid Boy Hold Book Certificate, Successful Education

    ビジネス・起業

    大人の中二病
  5. 洗脳

    コラム

    怪しい合宿で洗脳されました
PAGE TOP