お金・マネー

YouTubeで登録者数が少ない奴からコラボ依頼が来たんだが・・あなたならどうする?

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに YouTubeをプロデュースしている小山です。

 

今日ちょっとアドバイスをする方がいて気づいたのですが、

コラボの概念って実は2種類あるんですよ。

その前に、コラボってそもそも何?という方もいるでしょうし、

メリットも分からない人もいるでしょうから、ぱぱっと説明すると
 
コラボとは
= 2つのYouTubeチャンネルでお互いの動画を紹介し合い、チャンネル登録者数を増やす事を目的とする

といった感じです。

基本的には同登録者数か、自分より上の登録者数の人とコラボできると、

中々チャンネルの増加速度が上がっていくのですが、

そもそもこのコラボには2種類の考え方があります。

 

▼コラボ例

このように2つのチャンネルでお互いを紹介しあう

 

通常は上のように、同じくらいの登録者数か、

リスナーをお互い流せるような人同士がコラボするのですが、例外として「登録者数差があってもコラボする事」もあります。 

 

ちょっと面白い話として、

今日たまたまアドバイスしていた人が「登録者数が多い側」で、

相手のチャンネルとの登録者数との差がかなり空いている感じだったんですね。

 
イメージとしては、こちらが200,000登録者、相手が500登録者
くらいの差があります。
 

で、登録者数が多いこちら側から見ると、これやる意味あるの?みたいな感じになるじゃないですか、普通は。

さてこんな時、あなただったら果たしてコラボをやりますか?

基本やらないですよね。

ですが、今回の冒頭で書いた通り、「コラボには2種類の意味」があるので、その視点から一旦考えてみましょう。

 

その2つのコラボとは

①シナジー効果が生まれ、お互いのチャンネルパワーが高まる
②企画として使える

このどちらかです。

通常は①のパターンで、登録者数が相手もしっかりあり、シナジー効果もあり、増加も見込めるのでコラボするパターン。

ですが、今回の場合は登録者数の差が大きいので、①のパターンはないと。

登録者数差が大きい場合のよくあるパターンとして、

相手のチャンネル登録者数が伸びたらコラボをしよう。

といった形で断る事もよくあるのですが、これをやる位なら最初からスパっと断った方が賢明です。

なぜなら・・・

「相手が伸びてる頃には、通常こちらも伸びてる」し、戦力差が埋まるかどうかは正直未知数だからです。

しかも登録者数が増えたらコラボしましょう。といって相手が増えた時、

こちらの気持ち的にその時コラボしたいかどうかは別ですよね。

 

登録者数が増えたのが1年くらい後で、その時に相手が覚えてて「〇〇さん、コラボしてくれるといいましたよね!」

とか言われたら・・・

 

なんかきまづい空気感流れるじゃないですか(苦笑)

だからこの「登録者数が増えたらコラボしましょう」という断り文句は、一見利に叶ってそうで、実はリスクだったりします。

 

以上の理由から、

私の場合、登録者数差が大きい②以外のパターンで、先延ばししてコラボする事はまずありません。

 

やらないならやらない。とその場で断ります。

 

じゃあ、②のパターンはどういうケースなの?というと、

シンプルに「企画として大型企画、メジャー企画、ヒット企画」が狙えるケースです。

相手の登録者数とかは一旦抜きにして、コラボ相手がいる事で、

自分のチャンネルそのものの再生数をしっかり狙っていける。

このパターンであれば、コラボするのはあり。

というか、登録者数差がある場合、この②のパターンが基本になります。

この点を踏まえて、コラボをする意味を考えていくと、色々見えてくるものがありますよ。

 

まあ正直、私の場合は、「企画ありき」のコラボ前提が多いので、

仮に相手の登録者数が多くても企画がダメなら、正直コラボ微妙・・と感じる事も多々あります。

 

YouTubeは企画前提のシナジー効果がある事でチャンネルが伸びていくので、

ぱっと見の数字に惑わされる事なく、本質を捉えていきましょう。

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

今メルマガに登録するとストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントをプレゼント!

小山竜央 オフィシャルマガジン


また、LINE友達も同時に募集しております↓
⇒ 小山竜央とLINE友達になる



私のセミナーに参加したい場合はこちらから。セミナー講師になりたい方はチェックしておいてください♪↓
⇒ 小山竜央 セミナー講師育成講座


小山のフェイスブックはこちら↓
⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)



小山のTwitterはこちら↓
⇒ 小山のTwitter 


関連記事

  1. コラム

    緊急事態発生!価値がわかる人間は行動が早い

    非常にマズイ事になってしまいました。何故か…

  2. お金・マネー

    「未来への投資」してますか?

    『テッド・マクグラス』の初来日セミナー!に関してですが、昨日の…

  3. お金・マネー

    お客様とSEXする人は講師失格

    毎月様々なセミナーを開催していると、色んな方々がお…

  4. お金・マネー

    進撃の巨人に学ぶ集客の法則

    小山さん!沢山フェイスブックやブログに投稿しても、メル…

  5. 現金 日本円

    お金・マネー

    お金が第一目的になっている人と付き合わない方がいい。

    よく言われることのひとつに「お金が第一目的になっている人と付き合わない…

  6. お金・マネー

    メールアドレスだけで募金ができるサイト

    私の知り合いで、いつも面白いビジネ…

公式メールマガジン

bcc1

LINE友達募集中

公式セミナー

セミナー

おすすめ記事一覧

カテゴリー

  1. コラム

    小山の本が売れている理由
  2. お金・マネー

    【緊急速報】増刷が決定しました!!!
  3. ボラカイ島(フィリピン)

    ボラカイ島に到着しました!
  4. 小山の日常

    ボルダリングをやってきました!
  5. 小山の日常

    ブルネイの王様がヤバイ件
PAGE TOP