お金・マネー

はずかしい過去の話をします

創造的な仕事、「刺激と感動を与える」をコンセプトに YouTubeをプロデュースしている小山です。

 

今日はふだん話さない、過去の話をします

過去の話をするのは自分語りみたいになって、恥ずかしいのですが、

ちょっと思い当たる事があったので書きます。

その前に・・ちょっと質問。

世の中には、優れた商品をもってる「コンテンツホルダー」と

自分では商品をつくらないで、「コンテンツホルダーと組む派」の人がいます。

 

あなたはどっちタイプでしょうか?

このどっちが正しいかは議論が分かれるけど、

『自分では商品をつくるより、優れた商品をもってる人と組む派』

この考えは昔から変わらず、コンテンツホルダー側ではなく、コンテンツホルダー側をまとめる側でした

そしてこっちの方が上手くいっています

 

この原型となった話を思い返してシェアすると、

2002年に生まれてはじめてつくったWEBサイトが、

月間36,000,000アクセス(平均)まで育った時も、
人が集まるには?を必死で考えてたフシがありました。

今思い起こせば、その後つくったどのサービスも、このアクセスを超えた事がないんだけど・・
1日平均1,200,000アクセスという膨大なアクセスで、これを個人で運用していました。

いや~すごかったなぁ。

何が凄いかって、ホームページビルダーでつくったサイトだった事(笑)

この時にできたファンは、いまだに根強くて、まだ交流をずっとしていたりします。

 

もう17年前の話なんだけども、これって凄くないですか??

サイトの内容としてはメルカリの原型みたいなやつ。

いくつか掲示板を作って物々交換が出来るようにしたんだけども、
今ほどサーバーが強くない時代だから、とにかく落ちる落ちる!

避難所をつくっても、その避難所も落ちるという負の連鎖(笑)

北海道の法人に専用サーバーを交渉して、間借りさせてもらったんだけど、そのサーバーすら落ちる始末で、

時間によっては1秒更新されるごとに、新規スレッドが30~50くらい立ち上がり、
同時に、2ちゃん(今の5ちゃんねる)でも毎日のように討論がされ、

うちのサイトで売買利益を出す職業専門板なんかが次々と立ち上がってた時代

※2ちゃんねるではそれぞれのトピックでpart300~500くらいまで立ち上がってた

 

悪質なユーザーが怪しい商品を出品したり、荒らしてきたりするので、

取り締まるためにボードリーダーという自発的に動く自警団が50人くらい生まれ、

そのうち45名くらいは女性で、朝から晩まで24時間勝手に動くモンスターサイトが誕生

自分の仕事としては・・・見てるだけでした\(^0^)/

やることねぇ・・・

とにかく思ったのは。女性って凄いね。優秀すぎるでしょ!これは今の時代も一緒だと思う

 

ちなみにサイトの特質なのか、自宅警備員が多いから何か分からないですが、

メンヘラ率は高めで、10%くらいがメンヘラで構成されておりました。

当然、ボードリーダーなる自警団も優秀ながらメンヘラ率高めで

日々、メンヘラ VS メンヘラ の戦いが始まる訳ですよ

それこそ、朝から晩までバーニング大噴火です

 

気づいたのは、基本的にメンヘラって優秀な子が多いという事。

どこからその情熱が生まれてくるの??というくらい、徹底的に相手の事を調べ上げて戦いますし、
やたら頭が切れるんですよね。

 

最初は間に入ってよし!俺もオーナーだから対応手伝うよ!と思ったものの、

あまりの壮絶な戦いぶりに、そっと静観する事を心に決めました

 

そうこうするうちに、TVやニュースでも何度か取り上げられ、

4年くらい運用したあたりで、管理人だった自分がサラリーマンになったり、

忙しくなったり、飽きたりしたので閉鎖。(多分、最後の理由が一番大きい)

 

おそらく、時代の流れもあったので、そのまま運用していても今は別の形になってるだろうけどね。

ちなみにこの時つくったモデルの原型は、閉鎖後に今でもスマホゲームに応用されていたりで、実はかなり大きな市場になっています。

 

サイト自体がバイアウトの話があったり、今思い起こせば

もっとデカい展開ができたんじゃないかと思うから、惜しい事したな~と思う瞬間もあります。

 

ただ、この時の経験が今の原型となっていて、今の自分がいると思うと、感慨深いけど後悔は全くしていません。

 

その時、その時の選択で今の自分がいるので、

あの時〇〇したら~という事を言い出してもキリがないからね。

 

そしてここからが大切になるのですが、

今の話を踏まえた上で、

『当時に戻って同じようなサイトをつくるか?と言われたら、おそらくつくりません』

今やってるビジネスも同様で、ゼロからやりますか?と言われたら、「絶対にやらない」と思う。

やり方も方法論も分かっていて、上手くいくのが分かっていて何故やらないのか?と言われたら、

「する理由がないから」と答えるようにしています

同じことをやるというのは、同じ可能性をただなぞってるだけであって、それ以上の可能性がないという事。

自分の考えはこれなんだよねぇ・・

 

過去に辞めたスタッフとかを見てみると、同じようなモデルをやってる人は多いし、気持ちも分かるけど、たぶんそれは選択が分からないからじゃないかな。

それぞれの考え方だから別にいいんだけど、自分からすると、非常に勿体ないように思える。

理由は、見てるポイントが根本から違うからでしょう

そしてこの話は、セミナーに参加する人達にも言える事です

 

本質的な話をすると、学んだ経験や知識を、「別の形に応用できる力」があれば、何のビジネスをやっても上手くいきます。

 

例えばこの2002年の時につくったサイトの概念を、リアルでの集客にに応用したら物凄く人が集まったし、

今テストしている別のマーケティング概念を、これまた別の業界でつかったら、物凄く大きくなる気がする

こう考えたら、過去にやってきた事をそのまま同じことを繰り返すのは、マジでもったいないし、自分にとって苦痛そのもの・・・。

 

時間の無駄そのものでしょ

 

「得た経験の変換と応用こそが未来をつくる」

目の前の現金や利益よりも、経験値に勝るものはなく、
経験値を高めるこそが人生においてレバレッジが効く事を多くの人は分かっていません。

特に今の時代は10年、20年選手でも1年もあれば抜かれたりする時代だからね

ちなみに、サイトを活用していた人達は、その後どうなってるんだろうと思ってみてたら、

冬至の人達が集まって、同窓会を開いたり、サークルをやってたりと、まだ残っていた。

サービスや商品はなくなったけど、時代をつくったんだと思う

だからこれからも、時代をつくるような生き方をしたいし、経験を積み上げていく事が大切です。

てことで、今日も突っ走っていきましょう!

そしてこういう話は、書いていても恥ずかしいので、次はセミナーで話をすることにします!

続きはこちらです
http://lc3.work/ptt-seminar2/

てな訳でちゃお~

追伸:
LINEで小山のマーケティング情報を公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓


⇒ 小山竜央とLINE友達になる


【直接アドバイスを貰いたい&具体的に勉強をしたい】
現在、小山のマーケティングコンサルや講演会は一般公開はしておらず、マーケティング特化型のオンラインサロンに入ってる方のみに行っております。こちらはマーケティング力を高めたいと考える意識の高い経営者のみ参加可能です

より具体的に直接アドバイスを求めてる方や、最新事例、勉強会に興味がある場合は、こちらからオンラインサロンの情報をご覧ください(要審査制)
小山のマーケティングオンラインサロンはこちら↓
⇒ 小山のマーケティングサロン


LINEじゃ言えない話はメルマガで配信しております

今メルマガに登録するとストレスフリーで楽しく裕福になるための7つのヒントをプレゼント!

小山竜央 オフィシャルマガジン


【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 小山のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 小山のTwitter 

関連記事

  1. お金・マネー

    不労所得の真実

    もう秋だというのに、非常に熱い! いきなり昨日、今日だけ…

  2. お金・マネー

    バフェットスクールに自腹をきって潜入した結果w

    みなさん最近お元気ですかー?私は元気です!…

  3. コラム

    集客できないならこれを読め!

    参加者がどんどん増えて、どう考えても 今のセミナ…

  4. お金・マネー

    貧乏は病気です

    実はさらっとつい最近まで、タイのパタヤに行き、 虎に…

  5. お金・マネー

    勢いのある起業家が突然、地獄に落ちる理由

    世の中にはイケイケで勢いがあるのに、ある日を境に大失敗してしまう社長が…

  6. 洗脳

    コラム

    怪しい合宿で洗脳されました

    小山です、さて、前回の続きです。オーナー思考は大切だぜ!って話…

LINE友達募集中

公式メールマガジン

bcc1

おすすめ記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

  1. What's New -最近の活動・講演会情報-

    コロナ重症患者になって救急車で運ばれました
  2. クイーンズタウン(ニュージーランド)

    羊の放牧&毛刈り体験してきた!
  3. コラム

    インフルエンサーになる方法をまとめました
  4. コラム

    コンセプトの話
  5. セミナー・講義

    胡散臭い言葉を使うな!
PAGE TOP